東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

三菱養和-東京蹴球団 試合後:監督 選手一問一答

 東京1部の三菱養和対東京蹴球団の試合が3日、豊島区・三菱養和巣鴨グランドで行われ、三菱養和が3-1で勝利した。試合後のFW恵津森究(三菱養和)、鈴木基之監督(東京蹴球団)の一問一答は次のとおり。

FW恵津森究

三菱養和SC

三菱養和SC:FW恵津森究

──なかなか勝てない時期が続いていたが、久しぶりに勝った感想は。

「正直うれしいし、ホッとしている。降格も迫っている中での試合だったので勝てて安心した。ここ最近はチームみんなで話し合いながら、何を変えなければいけないのかを必死に考えて戦っていた。今まではウォーミングアップもダラダラやっていることが多かったが、今日はみんなで意識を統一してやっていこうと話した。そういった小さなことも結果につながったと思う」

──前半は割とポゼッションできていたように見えたが、実際にはどうだったか。

「今日の相手は今までと守備の仕方が違っていた。引いて守ってくれていたので、こちらはボールを持てたし、自分たちの良さが出せた。パスを回しながら動いて、空いているスペースを使う。自分たちのリズムでゲームを進められたからゴールも生まれたのだと思う」

──相方の土屋選手とは何か役割分担をしているのか。

「今日は2トップだったが、土屋さんが裏に抜けて、自分はくさびのパスを受ける役割をしていた。いつも一緒にコンビを組む思帆さん(岡元)がケガで出られなかったので、彼が普段こなしている役割もできればと思っていた。でも、実際にはミスが目立ってなかなかリズムを作れなかった」

──ハーフタイムに話したことは。

「みんなが身体を張って守れていたところは今までと大きく違っていたし、先制点を久しぶりに取れたことも大きかった。ただ後半、先に1点を取るか、取られるかが勝負の分かれ目だったので、とにかく失点しないで先に点を取ろうと話した」

──後半は先に点を決めたが2点目の場面は。

「ボールが来たときは無我夢中だった。とにかく得点を取りたかったのでシュートで終わりたいなと意識して、トラップしたあとは迷わず撃った。トラップをうまく前に落とせたので、すぐにシュートまで持っていけた」

──今日は養和のカウンターの精度が高かったと思うが。

「終盤になって相手も間延びして中盤とDFラインの間が空いていた。去年もショートカウンターで何度か得点を取っているし、それに似た形が出せたのかなと思う」

──次は最終戦となるが八王子戦に向けての意気込みは。

「今日はいつもより人数も集まって雰囲気よく戦えた。最終戦も今日と同じようにホームでできるので、またチーム一丸となって戦えれば結果はついてくると思う」


鈴木基之監督

東京蹴球団

東京蹴球団:鈴木基之監督

──前節初黒星を喫し、もう負けられない状況だったが試合の入りはどうだったか。

「決して養和が弱いわけではなく、うちもその相手に圧勝して勝てるほど強いわけでもない。そんな中で出場停止の選手もいたが、それなりに対応できるように練習試合も含めて準備してきた。実力が試される試合だったのかなと思うが、結果的に実力がなかった。アクシデントが起きたのも敗因の一つだし、追い掛ける展開になってしまったことも誤算だった。0-0でいけばチャンスはあったのかなと思うが、セルベッサ戦同様にやられてしまった。うちの実力はこんなものだと思う」

──アクシデントがあって横田選手を代えざるを得ない状況となった。そこでアンカーに前線の小美濃選手を配置換えしたが、その狙いは。

「もともと、そのポジションもできる選手だと思っていた。でも小美濃が中盤の底でゲームを作る側に回ると、攻め手がなくなってしまう。そこが痛いところだった」

──先制点も得意のはずのセットプレーから奪われてしまったが。

「あっさりやられてしまった。去年はあのような点の取られ方はしなかった。でも失点した後もすぐに同点に追い付くチャンスはあった。でもそれも入らなかったし、何度かチャンスがあってモノにできないと、慌てて攻めてしまい、2点目、3点目も同じ形でやられてしまった」

──ハーフタイムに話したことは。

「みんな追いつけると思っていたし、養和は後半の15分間は1点も取っていない。先に追い付けばリズムも良くなって逆転できるんじゃないか、というプランではいた」

──後半の2失点はカウンターからだと思うが、そこはどう映ったか。

「カウンターでやられている試合が今年は多い。後ろで跳ね返すことはできるが、その前の守備のところでボールを奪うことができない。でも結局は先に点を入れさせなければ慌てる必要はなくなるし、前掛かりになったところをカウンターで突かれることもなくなる」

──三菱養和に対して前からプレスにいくことは考えなかったのか。

「アストラ、東京海上、クリアソンのように前からプレスを掛けてボールを奪ってショートカウンターというチームを養和は苦手としている。でもこちらとしてはあれでも前からプレスにいった方だと思う。でもそれはうちのサッカーではない。いろいろな戦い方ができないと勝てないと思った」

──これで関東社会人大会出場の可能性はほぼなくなってしまった。あと2試合あるがどう戦うか。

「ここで負けてしまったので3位以内に入るのは厳しいと思う。残念だし、本当に悔しい。でもあと2試合残っているし、2勝すれば勝ち越せる。2敗すれば5分になってしまうので、何とか2勝できるように頑張りたい」

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP