東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

KOREA、正念場で踏ん張れず 神奈川教員に0-3

KOREAは後半にFW姜豪らが激しくゴールに迫ったが得点を奪えず。

KOREAは後半にFW姜豪らが激しくゴールに迫ったが得点を奪えず。

◇関東2部:FC KOREA 0-3 神奈川県教員

 関東2部はすでに東京国際大学(埼玉)の1位が決定していて、残りひとつの昇格枠・2位争いが混戦。前節を終わって4位につけるKOREAは9日、勝ち点1差で2位につける神奈川教員との一戦に臨んだが、0-3で敗れた。勝てば順位の入れ替わりの可能性もあったが、敗れたことで逆に勝ち点差で突き放され、勝ち点23の6位に後退。2位以内は難しい状況となった。

 前半立ち上がりから神奈川教員のシンプルでありながら力強い攻めにピンチが続いたKOREA。それでも敵のシュートがバーを叩くなど無失点で切り抜けると、途中からは守備陣もしっかりと相手のアタッカーを捕まえて、DF洪潤極が1対1で強さを発揮しカウンターからFW姜豪らが好機を創出。互角の展開に持ち直すと、後半は大ピンチのあとに大チャンスありの激しい一進一退。だが、57分、61分に訪れた決定機をMF鄭壮輝、FW五十嵐が立て続けに逃すと、65分に攻守の切り替えが一瞬遅れたところを相手に素早くゴール前までつながれて失点。

 勝利が必要なKOREAに痛恨の失点が重くのしかかると、さらに68分には寄せが甘くなったところからロングシュートを決められて2点目を失い、83分にはカウンターから試合を決定づける3点目を奪われて終戦。2位争いの正念場で0-3と厳しい敗戦となった。KOREAの残り試合数は2で、エスペランサ(神奈川)、tonan前橋(群馬)と戦う。

順位表

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP