東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

セルベの関東大会出場決定 リーグ優勝に王手

CERVEZAとアストラの試合前に行われたフェアプレーセレモニー。

CERVEZAとアストラの試合前に行われたフェアプレーセレモニー。

 東京都社会人サッカーリーグ1部は10日、都内各地で2試合を開催した。CERVEZAはFW我妻、上村のゴールで2-0でアストラを下し、勝ち点を29に伸ばして首位に立った。CERVEZAは今季の3位以内が確定し、3年ぶりの関東社会人サッカー大会出場が決定。また、次節の最終戦(対法政クラブ)に勝利すれば4年ぶりの優勝が決まる。一方、敗れたアストラは自力での関東大会出場の可能性が消滅し、同22で4位につけている。

 残り1枠となった関東大会出場権争いは同23で3位につける東京海上と同22で4位のアストラが最終節で争う。東京海上は三菱商事と、アストラはTFSCとそれぞれ戦う。

 この日行われたもう1試合、HBOと東京蹴球団の試合は2-2で引き分けに終わった。HBOがMF西野とFW平山のゴールで一時は2-1とリードしたが、終盤に東京蹴球団はDF西田がPKを決めて追い付いた。HBOは勝ち点を8に伸ばしたが、最下位を脱せずに次節の最終戦を迎える。東京蹴球団は7試合勝利がなく勝ち点18で7位に付けている。

 東京1部は次節が最終節で、17日に6試合、24日に1試合を行う。

東京都社会人サッカーリーグ1部

  • HBO東京 2-2 東京蹴球団
  • CERVEZA FC 東京 2-0 アストラ倶楽部

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP