東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

GIOCO上畑監督、城北吉見監督 一問一答

 東京2部3ブロックは3日にスペリオ城北とGIOCOの最終戦を行い、城北が1-0で勝利した。優勝を逃したGIOCOは2位、城北は5位でリーグ戦を終えた。試合後の両監督の一問一答は次のとおり。

上畑政博監督

FC GIOCO 世田谷

FC GIOCO 世田谷:上畑政博監督

──なかなか勝てば優勝というようなチャンスは巡ってこないと思うが。今日の結果については。

「前半にセットプレーで何度かチャンスがあった中で、相手のDFに引っかかるようなボールを蹴ってしまい、あのような技術力のなさであったり、選手一人ひとりの精神的な甘さがこの結果につながったと思う。こちらは毎日練習しているにも関わらず、練習量の少ない相手よりもミスが多かったし、城北さんはすごく頑張っていた」

──選手に緊張や硬さはあったか。

「やっぱり優勝が掛かっていたし、あったと思う」

──少しシュートが少なかった印象だったが。

「ダイレクトでまったく撃たなかった。ゴール前に入ったボールを一旦止めてしまう。城北さんの方が前半から早いタイミングで撃ってきていた。試合の入り自体は悪くなかったが、時間が経つにつれて、プレッシャーも掛かって余裕もなくなってミスが多かった。相手の方が落ち着いてプレーしていたし、実力が上だった」

──これで3年連続2位。もう一つ上に行くためには。

「駒澤自体の弱さというか、リーダーシープを発揮できる選手がいない。ゲームをうまくコントロールできていないし、局面での状況判断、声を出して味方をカバーしたり、時間帯での戦い方もまだまだ未熟。特にうちのサッカーはサイドから速く攻めてゴール前を横切るようなクロスを入れたり、ロングボールで頭を使って縦にも速く攻める。とにかくゴールに向かっていくようなコンセプトを徹底している。日本のサッカーの中でも数少ないチーム。でもその精度が上がらないと、怖さもない。ボールを受ける選手の動き出し、準備もそうだが、まだまだ細かいところで物足りなさを感じるし、突き詰めていかないといけない」

──来年はまたメンバーがガラッと変わるのか。

「うちは2、3年生が中心なので、4年生になる選手は抜けていく。たぶんまたガラッと変わる可能性の方が高いと思う」


吉見章監督

スぺリオ城北

スぺリオ城北:吉見章監督

──今日は最終戦だったが試合の感想は。

「相手は勝てば優勝。自分たちは『目の前で胴上げを見るのは嫌だよね』という話をしていた。相手がロングボールを蹴ってくるのは分かっていたので、まずはセカンドボールをどう拾うか、それとラインをコンパクトにしてルーズボールも自分たちのボールにしようと話していた。それが上手くいった」

──1点を取りにいくという部分ではどう考えていたのか。

「押し込まれることはある程度想定していた。相手は長いボールが主体なので間延びぜず、チャンスの時にしっかりつないでDFラインの裏が空くのでそこを狙うように話していた」

──そうすると、狙い通りに得点を奪い、戦えたということか。

「そうだと思う。相手も点を取りに来るので後半は徐々に間延びしてきた。特にDFとGKの間にスペースができるので、そこで上手くスルーパスが決まったんだなと思った」

──今季はリーグ戦の途中から監督再登板となった。その時はどんな考えを持っていたか。

「開幕から数試合を見ていて、選手が窮屈そうにサッカーをやっている印象だった。もっと選手たちが持っている力を出してあげたいなと思いながら見ていた。実際に監督に就いてからは、選手の組み合わせも含めて、イージーなボールの失い方などが多かったのでそこを選手たちと話し合って、精度を上げていくことを取り組んだ」

──少しずつ成績を取り戻したが、リーグ後半戦の戦いについての感想は。

「それでもいい時と悪い時がはっきりしてしまっていた。途中から新しい選手も入ってきて、従来の選手とのコンビネーションに時間がかかってしまった」

──もう一度、城北が1部に昇格するためにはどういった要素が必要になるか。

「今日の試合のように80分間集中力を切らさず、耐えるところは耐えて、行くところは行く。そういったメリハリを試合の中で作れるかどうかが課題だと思う」

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP