東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

「将来的には合併」早稲田U岩崎代表、HBO泉代表インタビュー

 関東2部に所属する早稲田ユナイテッドと東京1部のHBO東京が提携を発表し、来季からは「早稲田フットボールグループ」という新組織でスタートを切ることになった。クラブ名はそのままで、位置付けとしては早稲田Uをトップ、HBOがセカンドチームとなる。まずはスタッフや選手が同じ組織で活動を進め、再来年以降には完全な合併を目指す。両クラブの代表に提携のきっかけ、今後のビジョンを聞いた。

岩崎勇一郎代表

早稲田ユナイテッド

早稲田ユナイテッド 岩崎勇一郎代表

Jリーグ参入のためのクラブ作りを本格的に進める

 ──今回のHBOとの提携のきっかけは。

「今年はJFL参入を全力で目指してみて何が足りないかがわかった。特に組織力が今のままでは難しい。新しく選手を獲得するにしてもうちは担当のスカウトがいるわけではなく、来た選手を受け入れてきただけ。関東リーグに昇格してから3年やってみて、そういった組織力のなさを感じていた。それとJFLやJリーグを目指す上で絶対に必要なホームタウンに定められそうな地域がようやく見えてきた。これまで掲げてきた文武両道、世界基準というのに対して、僕らがナンバーワンと言えるものに持って行きたい。そういった時に一つの解決策としてHBOの代表者だった山形さんという方に相談したのがきっかけ」

 ──早稲田の方から提携を持ちかけたということか。

「自分の方から持ちかけた。ここ最近JリーグクラブのGMや社長の方々と話をさせて頂く機会があり、そこで明らかに早稲田のスカウティング能力の低さ、スポンサー営業や企画を考える人材が足りないことに気づいた。そこにもう1人、2人いればチームが変わる。HBOはもともと山形さんが立ち上げたチームで、今もチームに携わっている。山形さんはすごくいいところに目をつけるし事業開発力がある。一方でHBOのチーム自体も選手など現場のマンパワーが足りないことは把握していたので、比較的選手が入ってくる早稲田と組織力があるHBOとが組み合わされば、いい環境ができると思った。それにお互い海外クラブへの挑戦事業をしているので、そのあたりでも一緒になれるところがある。そういったことを提案した」

 ──HBO側の反応は。

「山形さんは面白いという話だった。ただ、現在は泉さんがHBOの代表者なので、3人でもう一度話をして一緒にやろうということになった。泉さんには新しい組織の強化部長になって頂き、山形さんには顧問になって頂いている。まずは来年の一年は提携という形でスタートして、再来年以降にはチーム名も統一して完全に合併という形に持っていく予定でいる」

 ──一緒になることで具体的には何をやるのか。

「根本的な柱はJリーグ参入のためのクラブ作りを本格的に進める。スカウティングや営業面でも今までになかったマンパワーが生まれているので、積極的に展開してきたい。それとサッカー面では、お互いの練習環境などハード面が揃ってくるので、そのあたりでも変わってくる。特に早稲田は練習環境においては使える場所やカテゴリーに制限があった。それに対してHBOはハード面でも長けていたので、今後はトップやセカンドなど同じプレーモデルを全てのカテゴリーで行うことも可能になる」

 ──早稲田ユナイテッドが掲げている早稲田大学からJリーグ参入を目指すというコンセプト。そのベース自体は変わらないのか。

「『大学からJリーグ』というものをここ10年やってみてたどり着いたのは、早稲田大学というのは大学生が学ぶための場であって本来はOBが使うためのものではない。そこを僕らOB中心のトップチームが限定的に使わせてもらっていた。ただ、JFLを本気で目指すのであれば平日も含めて毎日しっかりと練習する環境を作らなくては難しい。そういった環境を早稲田大学では作れなかった。それにJリーグを目指すのであれば、きちんとした地域・本拠地を決めなくてはいけない。僕も西東京市の担当者と地図を見ながらスタジアムを作れる可能性を探ったが、どう考えても西東京市には作れる環境がなかった。そういった時に今はまだオープンにできないが、この場所ならスタジアムを作れるという環境が見つかった。来年からはおそらくその地域で活動を進めて、Jリーグ参入構想をその地域のサッカー協会と連係しながら一緒に起こそうと思っている。協会の全員が賛同するプラン作りを考えることが、僕の来年のやるべきこと」

次のページへ

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP