東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

東京海上、持ち味出せず完敗 4年ぶりの復帰ならず

関東復帰を逃して肩を落とす東京海上の選手たち。

関東復帰を逃して肩を落とす東京海上の選手たち。

◇関東入替戦:横浜GSFCコブラ(関東2部)5-2 東京海上FC(東京1部)

 前半26分にカウンターからFW樋口が先制点を挙げたところまでは良かったが、その後は関東リーグの力を見せつけられる格好となった。村上監督が「相手DFの裏にロングボールを落としたかったが、それができなかった」と言う通り、相手守備陣を背走させて一気にプレスをかけて押し込んでいく”らしさ”が出た場面はほとんどなく、逆にDFに跳ね返されると、そのまま一気に押し返されて前半のうちにカウンターから同点に追い付かれた。

 後半は攻守において相手に主導権を握られると、66分にセットプレーからゴールを許し、75分にもエリア内から強烈に決められて失点。すかさずCB早坂を前線に上げてパワープレーに出たものの、流れを変えるどころか逆にバランスが崩れて81分、83分と連続失点。完全に集中力が切れて、失点に歯止めがきかなかった。最後の最後に途中出場の秋岡のパスから堀田がネットを揺らして意地の反撃も見せたが、直後にタイムアップ。4年ぶりの関東リーグ復帰を逃した。村上監督は「私の力不足。それに尽きると思う」と責任を背負った。

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP