東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

東京海上 村上監督「大事なところで勝たせてあげられなかった」

 関東サッカーリーグ入れ替え戦が24日に行われ、4年ぶりに関東2部復帰を目指す東京海上(関東大会2位/東京1部)は今季関東2部7位の横浜GSFCコブラ(神奈川)と対戦したが、2-5で敗れて来季も東京1部残留が決まった。試合後、東京海上の村上康一監督との一問一答は以下のとおり。

村上康一監督

東京海上FC

東京海上FC:村上康一監督

──結果についての感想は。

「私の力不足。それに尽きると思う」

──先制点を取るなどゲームの入りは悪くなかったと思うが、ゲーム内容に関しては。

「前半無失点で折り返そうと強く話していた中で、あの時間に同点に追い付かれてしまったことがプランとしては痛かった。後半も0-0のつもりで入らせたが、また先に点を取られてしまった。あれがターニングポイントだったと思う」

──相手より劣っていた部分は。

「われわれは相手DFの裏にロングボールを落としたかったが、それができなかった。中盤で拾われてしまい、逆に相手はこちらのDFに長いボールを入れて、こぼれ球を拾って攻めてくる。それを徹底していた。その対処をできなかったことが敗因だと思う」

──改めて今季を振り返ると。

「都リーグの開幕戦でつまずいたところから、選手は大きく成長してくれた。私が掲げたチームの一体感という部分は試合を重ねる毎に積み上げられたし、選手のプレーの質も、人としての成長も見られた。ただ、一方で関東大会の決勝、東京1部カップ戦決勝、そして入れ替え戦と大事なところで勝てなかった。そこは私のマネージメント能力のなさだったので、選手には申し訳ない」

──村上監督自身は初めて監督を務めたが、感想は。

「私は戦術面よりかは人として、チーム組織としての大事さを言い続けてきた。そこは浸透したと感じているし、人として成長させてあげられた。ただ、やはり勝負どころで勝ち切るマネージメント能力は足りなかった」

──来季に向けては。

「2部から上がってくるチームも強いし、他のチームも監督が代わったり選手を補強したりと、来季はより厳しい試合が続くことになると思う。ただ、われわれもこれだけ悔しい思いをしたので、来季こそスタートから良い結果を残して、そして大事なところで勝ち切る。その準備をまた来月からしていきたい」

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP