東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

KOREA 主将・姜豪「申し訳ない。付いてきてくれたみんなには感謝」

 関東サッカーリーグ入れ替え戦が24日に行われ、今季関東2部8位のKOREAは関東社会人サッカー大会1位のアイデンティみらい(茨城1部)と戦い、0-2で敗れて来季の東京1部降格が決まった。試合後、KOREAで主将を務めるFW姜豪との一問一答は以下のとおり。

FW姜豪

FC KOREA

FC KOREA:FW姜豪

──今日の結果については。

「相手の方がチームとしてもサッカーの部分でも上だった」

──この試合に向けて相当準備もしたと思うが、やる前とやってみてのギャップなどはあったか。

「映像などを見て、相手の特徴などはつかんでいた。細かくサッカーをやってくることもわかっていた。ただ、そういったこともあるが、やはり失点してはいけない時間での失点。特に前半最後の2失点目。あれが試合を難しくした」

──相手の方が上ということだが、自分たち本来の力を出せた上での敗戦だったか。

「正直、9月のリーグ戦が終わってから試合に出ていた何人かは、自分の道に進むということで退団した。それにケガ人や監督が辞任するということもあった。チーム状況としては決して良くない中で、選手たちはよくやったと思う。ただ、自分たちが100%の力を出せたかどうかはわからない。それは相手も同じこと。ただ、相手はそういった中でもあれだけのサッカーをやって勝ってきた。そこは相手の方が上だし、認めなくてはいけない」

──無得点に終わった攻撃に関してはどうだったか。

「耐えてカウンター狙いではいたが、前半に2点を失ってプランが変わった。後半からはここ最近の練習試合でも好感触をつかんでいた3トップで臨んで自分もボランチからFWに変わった。でも自分は前線に上がっても効果的な動きができなかったし、後半はDF陣が0点に抑えてくれたのに申し訳なかった」

──試合が終わってからのミーティングではどんな話をしたか。

「総監督から選手はよくやったということと、スタッフがもう少し考えなくてはいけなかったし、責任はスタッフにあるという話をされた。自分からは2年間キャプテンをやらせてもらいながら、2年連続で降格させてしまって申し訳ないという話と、それでも付いてきてくれた選手みんなには感謝しているということを言った」

──来季は都リーグに降格となったが、その来季に向けては。

「退団する選手も何人かいるし、どれだけ選手が残るかもまだわからない。最後のミーティングでもチームとして来季に向けてこうしようという話はまだしなかった。とにかく自分からは残る選手でまた一年で関東リーグに戻れるように頑張ってほしいとお願いをした」

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP