東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

セルベッサ、勢い乏しく初黒星 根本監督「やり直し」

セルベは後半に矢野がゴール前に飛び込むがゴールならず。

セルベは後半に矢野がゴール前に飛び込むがゴールならず。

<CERVEZA 0-2 八王子FC>

 「完敗ですね。先発の入れ替えも行ったが機能しなかった。相手のプレッシャーに思うようにプレーできずミスから失点。選手は一生懸命やっているが、謙虚さが足りなかったかも」と、今季初黒星を喫したセルベッサの根本監督は反省の弁を並べた。

 去年の下位チーム、前半の風下、主審のジャッジ、前から果敢にプレスにくる相手。あらゆる状況にアジャストできないまま前半は時間が過ぎた。早々にMF平田のボールロストから失点すると、一旦は得意のサイド攻撃でMF近藤がゴール前に顔を出して2回チャンスを作ったが、それを決め損ねると、あとは平凡だった。

 風上に立った後半は猛反撃開始かと思いきや、今度はロングボールの強弱をアジャストできず、ボールが流れてラインを割っていく。2点目を失ったところで期待の新加入・近藤貫太をピッチに送り出したが、得点にはつながらなかった。後半のシュートは途中出場のMF矢野がヘッドで放った1本のみ。90分通してもシュートは計3本だった。

 主将の中田は「内容を振り返っても相手の方が良かったし、チームとしての実力差がそのまま結果に出たと思う」。根本監督は「次の試合まで少し期間があるので、修正したい。やり直しですね」と先行き不安げな様子だった。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP