東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

杉村がハットトリック 三菱養和6点大勝

ゴールを決めて喜ぶ三菱養和・杉村。

ゴールを決めて喜ぶ三菱養和・杉村。

◇東京1部:三菱養和 6-0 OSSA

 前節、前々節と5失点を喫して大敗していた三菱養和が一転、6-0の大勝を飾って星を五分に戻した。6点のうちの半分を1人で取った杉村は「もっと取れたし、出来れば前回までの失点分も取り戻したかった」と物足りなさすら口にした。今季の杉村はトップ下でプレーし、パスの出し手としてロングボールで味方を走らせたかと思えば、そこからゴール前まで駆け上がって突如受け手に変わることも多い。この日の自身の1点目もしっかりとゴール前に顔を出し、右サイドで躍動していた中崎からのマイナスの折り返しをダイレクトで流し込んだ。

 また、一つ後方のボランチ・下村がボールを持つとためらわずに相手DFラインを引っ張るように駆け出していく積極性もあり、20分にはDFラインの背後に下村からクロスを引き出して2点目をマーク。試合終了間際のアディショナルタイムにもタイミングよく2列目からゴール前に現れて、波多野の落としたボールを蹴り入れてハットトリックを達成した。「他のチームをみてもこのリーグで連勝してくことがいかに難しいかがわかる。次の試合をチームでどう戦うかが大事になる」と杉村。これまでの”つなぎの養和”に、相手を揺さ振る杉村の長駆といった新たな「走力」も芽生えつつあり、連敗を脱したチームの次戦に明るい期待を抱かせた。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP