東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

東京海上MF小松「決勝点はイメージ通り」一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部のアローレ八王子対東京海上の試合が13日、八王子市・東京海上多摩クラウンドで行われ、東京海上がMF小松の決勝ゴールで3-2で競り勝った。試合後の東京海上・小松との主な一問一答は次のとおり。

MF小松聖音

東京海上FC

東京海上FC:MF小松聖音

──1点差のゲームだったが勝ち切った感想は。

「勝つことが全てと話していたので、まずは勝てたことが良かった。今までの自分たちだったら、先に点を取った後に失点が続くとそのまま崩れてしまっていたが、そこを食い止めて最後に1点を取って勝てたことは精神的に成長しているのかなと感じた。新しいメンバーも増えてきたし、そういった部分を受け継がせていかなくてはいけない」

──前半は東京海上が2点リードで折り返した。その前半については。

「相手のプレッシャーが特別激しかったわけでもなかったし、前線のFW秋岡と田中にボールが収まって、そこからワイドに広げたところで堀田が仕掛ける東京海上らしさが出ていたと思う。そこで2点を取れたのは大きかったし、これがうちがやりたいサッカーだなと感じた。ただ、3点目を取れるチャンスがありながら2点で終わってしまったことは反省しなくてはいけない」

──ハーフタイムはどんな話しをしたか。

「前半に何度か自分たちの守備の寄せが甘くてクロスを入れられたり、CFに前を向かれる場面があった。そこはしっかり寄せようという話をしたのと、中盤の選手はもっと素早くスライドしてサイドでボールを取り切ろうと話した。攻撃に関しては相手が3バックだったので、前半同様に堀田と堀本の両サイドで起点を作って、そこから縦に仕掛けて相手のCBを外に釣り出せば、中央の秋岡と田中にスペースできるから続けていこうという話をした」

──ただ、後半は同点に追い付かれるなど形勢が一気に変わってしまった。

「前半から相手の監督やピッチ内の選手たちが『ダイレクトでFWにくさびを入れたら収まるし、そこに周囲が関われば数的優位を作れるぞ』と盛んに言っていた。後半、相手がそのワンタッチのプレーを増やしてきて、うちが付いていけなかった。うちのプレッシャーが甘かったのと、プレッシャーをかけにいく周囲の動き方も今日はよくなかった」

──最後は苦しい時間帯を耐えて小松選手の決勝点が生まれた。あのシーンを振り返ると。

「田中から折り返しを受け取れば、左足でボールを止めて右足で切り返して逆サイドに決められるイメージはできていた。目の前の相手DFがこう動くというイメージも出来ていたし、普段の練習で1対1や2対2などをゴール前でやることが多くて、相手の股の間をシュートで狙うこともイメージ通りだった」

──これで2連勝。2勝1分け1敗という結果になった。

「ここから相手も強くなってくるし、上位陣と戦うことになる。1試合、1試合がトーナメント戦のようなものだし、負けた時点で関東大会への道のりはなくなると思っている。何が何でも勝つという崖っぷちの状況でやっていかなくてはいけない」

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP