東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

CERVEZA MF中田「今日のようなゲームを継続していきたい」一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部の南葛対CERVEZAの試合が13日、葛飾区・にいじゅくみらい公園で行われ、CERVEZAが4-1で快勝した。試合後のCERVEZA・MF中田との主な一問一答は次のとおり。

MF中田航平

CERVEZA FC東京

CERVEZA FC東京:MF中田航平

──今日のゲームはどんなところがポイントになると考えていたか。

「相手どうこうよりも自分たちが1試合にかける想いをこれまで持てていなかったんじゃないかという話をしていて、とにかくモチベーションを高く持って、チーム全員で勝とうと臨んだ。それが勝利につながった一番の要因だと思う。サッカーに関して言えば、相手は細かくつなぐというよりかは蹴ってくる。特に左からのキックの精度が高いので、できるだけCBにロングを蹴らせてセカンドボールを拾う。CBにストレスを与えた状態で蹴らせて、それをしっかりはね返そう。それくらいしか特別に話したことはなかったが、それを最後まで徹底できたのが良かった」

──跳ね返して拾うだけでなく、今日は拾ってからのその先のプレーも中田選手がうまくコントロールできていたと思う。実際にはどうだったか。

「正直、相手の守備が良くなかったと思う。自分のところへのプレッシャーもほとんどなかった。相手の2トップがうちのボランチに来ることもなかったし、相手のボランチが自分に来ることもなかった。結局90分通してそういう状況だったので、自分がフリーでボールを持てたし、攻撃もしやすかった」

──攻撃に関しての特別な狙いなどはあったか。

「特にはなかった。守備に関しての狙いが先ほど話したように1つ、2つあるくらいで、攻撃はいつも通りサイドから攻めようと。基本的にはボールを大切にする。自分が中心になってポゼッションを高めて、そこから近藤洋史が受けて仕掛けていくのがセルべの形。その中でどれだけサイドで起点を作れるかだったが、新しく入った近藤貫太が左サイドでうまくタメを作ってくれたし、今日は中央でゲームを作ってサイドに散らすのがはまったかなという印象だった」

──90分通して久しぶりにセルベッサらしさを出せたか。

「みんなが最後までひたむきにやれたのが良かった。でもそれは相手が首位チームであればどこのチームもそうだと思う。大事なのは今日のようなゲームをどれだけ継続していけるかだと思う。これから優勝争いにもしっかり絡んでいきたい」

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP