東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

八王子黒木監督 OSSA MF大森 一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部の八王子-OSSAの試合が3日、八王子市・戸吹スポーツ公園で行われ、八王子が2-1で勝利した。試合後の八王子・黒木監督、OSSA・MF大森との主な一問一答は次のとおり。

黒木文紀監督

八王子FC

八王子FC:黒木文紀監督

──最後にオウンゴールが決勝点となり逆転勝ち。感想は。

「ラッキーもあり、最後に拾った感じ。ただ、これだけゲームが動かず、お互いに難しい状況の中で勝ち点3が取れたことは良かった」

──立ち上がりの早い時間にクロスから失点を許してしまったが。

「アンラッキーな部分もあったが、まずは簡単にクロスを上げさせない、そのクロスに対しても競り負けないということが今後は大事になる。ただし、時間帯も早かったし、そのままずるずると行かないように今年は気をつけているので、そこは良かったと思う」

──その後に同点に追い付いた。前半の出来に関しては今日はどうだったか。前から積極的に仕掛けていくつもりだったのか。

「前からプレスを掛けていこうという話はしていた。でも相手もそんなにパスを回すわけでもないし、蹴ってもくる。少し中途半端な感じのサッカーに合わせざるを得なかった。相手に合わせられたのが良かったのか、良くなかったのか。結果として勝ち点3は取れたが、結果以外の部分も考えなくてはいけないというのが私の中にはある」

──逆に八王子の攻撃はつなぐのか、長いボールを多くするのか。今日はどう考えていたか。

「『低い位置からビルドアップをきちんとやっていこう』をテーマにしていた。今日を含めて下からビルドアップをきちんと出来るようになっていかないと、蹴って走るだけでは今後、特に夏場は厳しい。今日はそういったことにチャレンジする試合だったし、CBは長いボールを蹴る場面は少なかったと思う。無理にでも中盤にパスを当てさせた。そこの精度を上げて、つないでビルドアップが出来るようになるとチームのプラスアルファになる。それで相手が前に来てくれると、今度は長いボールを蹴って、野原のような速い選手が生きて裏を取れるようになる。相手に合わせるのではなく、自分たち主導で出来るようになっていかなくてはいけない」

──後半は相手に決定機を何度も与えてしまったが。

「決定機を作らせないためにも、その一つ前のパス。そこのプレスをもっと出来るようにならなくてはいけないが、今日は疲れが出始めた時間から寄せが甘かった。やられたというシーンが3、4回はあった」

──これで3勝目。ここからの戦いについては。

「毎回のことだが、次の1試合が大事になる。今日の良かったところを継続して、悪かったところを修正する。勝ち点をしっかりと取れるように準備していきたい」


MF大森勇希

FC.OSSA

FC.OSSA:大森勇希

──逆転負けという結果になってしまったが、感想は。

「メンバーも試合ごとに入れ替わってしまっているし、連係の部分でも難しいところがあるのが現状。週に1回の活動でコンディションにもばらつきがあるし、選手によって動ける、動けないが出てしまっている。それと、相手は去年うちに大敗していて、リベンジの気持ちが強かった。そういった相手に今年もうちが勝つぞというよりかは、受け身に回って戦っていたのかなと思う。技術より気持ちの部分。オウンゴールのシーンにしても相手のゴールへ向かう気持ちが出ていたし、今日はそこで負けてしまったのかなと思う」

──早い時間に先制点を取れたが、攻撃に関してはどうだったか。

「早い時間に先制点を取れたのは良かったが、実際には高い位置でボールを回せていなかった。ボールを回すのは常に低い位置だったし、相手に回されている印象だった。ボールが前に入っても連動性がなくて、個人でやっている場面が多かったので、そのあたりは改善していかなくてはこのままズルズルといってしまう」

──相手が前からプレスに来る中で、本来は蹴るだけでなく、つないでボールを前に運べると良かったか。

「もう少し中盤の運動量を上げて、ボランチが受けて、そこからつなげるようになれば面白いサッカーができると思う。縦1本になると、どうしてもセカンドボールの勝負になるし、それを拾ってからの攻撃になってしまう。選手によってはそれができることもあるが、仕事の影響で来れないなどもあって、試合ごとにサッカーが変わってしまっている」

──後半はかなり決定機もあったが、それを決めることができなかった。

「決定機に関しては技術的な部分もあると思うが、1本を決めるという気持ちが大事になる。現状としては自分も含めてその気持が足りていない。最後は身体で押し込むくらいの気持ちや気迫がないと試合に勝てないし、それが4連敗という結果を招いてしまっている。やはり勝っているチームは1本のチャンスをしっかりとものにしてくるし、前節の南葛のカベッサにしても一つのミスを突いて、1本のチャンスを決めてくる。そういったところはさすがだなと感じた」

──4連敗と負けが続いてしまっているが、ここからどう変えていくか。

「まずはコンディションの問題がチームにあるので、そこは一人ひとりが自覚を持って、平日に身体を動かしていかなくてはいけない。それと気持ちの部分を変えていかなくてはいけない。今は五分五分の球際の勝負でも相手にボールが転がってしまっている状況。次の試合まで2週間あるので、しっかりとコンディションを作って準備していきたい」

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP