東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

TUAは5戦目で初黒星 FW浅田「負けるべくして負けた」

前線でポストプレーをこなすTUAのFW浅田。

前線でポストプレーをこなすTUAのFW浅田。

◇東京2部3ブロック:東京消防庁 4-2 T.U.A.SC

 開幕からの連勝がストップし、初黒星を喫したTUAのFW浅田は「決めるところを決められなかったし、ミスからの失点もあった。負けるべくして負けた試合だった」と敗戦を振り返った。

 浅田は開幕から4試合連続ゴールを記録し、チームもあわせて4連勝。この日も先制点を奪われた直後にMF山崎が蹴ったFKをファーサイドでうまく合わせて同点ゴールを挙げた。そこからも難しいピッチコンディションの中でも浅田を起点にショートパスを走らせ、相手を食いつかせながら、外からMF近藤、中央から髙橋が果敢に攻め込んだが、肝心のシュートがGKを外せなかった。その間に手間ひまかけずに攻める相手に2点、3点とリードを広げられると、運動量と共にシュートの本数が低下した。

 後半は何とかゴールを割ろうと、後方から高橋ら中盤の選手が必死に浅田にくさびのパスを当てて、攻撃の糸口を探ったが、中央を固める消防庁のDFを前に似たような形からムキになっている感も否めなかった。結局、最後に得点を奪った場面はセットプレーのこぼれ球をDF鈴木が蹴り入れる泥臭い形から。浅田は「連勝は止まってしまったが、この敗戦を次に生かさなくてはいけない」と気持ちを切り替えた。

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP