東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

警視庁、11戦目でようやく初勝利 谷本監督「長かった」

開幕11戦目にしてようやく初勝利を挙げた警視庁。

開幕11戦目にしてようやく初勝利を挙げた警視庁。

◇東京1部:三菱商事 0-1 警視庁

 警視庁が開幕11戦目にしてようやく初勝利。残留に向けて貴重な勝ち点3を手にした。谷本監督は「長かった」と、開口一番に心からの言葉を発し、続けて「負けが続くとチームはバラバラになってしまったり、諦めてしまうのが普通。でもこのチームはみんなが前を向き続けて頑張ってくれた」と選手たちの労をねぎらった。

 先制点は前半21分。GK槇原のロングキックを敵陣で下平、中村が頭でつなぎ、こぼれ球をMF山口が引き継ぎエリア内に侵入。最後はDFに激しく寄せられ体勢を崩しながらも、執念で蹴り入れた。後半は残留を争うライバルの三菱商事に押し込まれる時間が続いたが、相手の看板ともいえる「粘守」を逆に見せつけ、前半に挙げた1点を守り抜いた。

 監督は「今日のゲームについては100点を与えたい。ただ、今日が終わりではないし、次も勝てるという保証もない。自分たちができるひたむきさや一生懸命、チームワークといったことをもう一度見直して、今日よりも強いチームを作って3週間後の養和さんにぶつかりたい」と意気込んだ。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP