東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東社会人サッカー大会ニュース一覧 > 記事

関東社会人サッカー大会ニュース

東京海上MF堀田「言葉では言い表せないほど悔しい」一問一答

 昨年の関東社会人大会では準優勝しながら、入れ替え戦で敗れて東京1部残留となった東京海上。リベンジとして臨んだ今大会では栃木県のFC CASAに逆転負けを喫して初戦敗退となり、来季も東京1部残留が確定となった。試合後、東京海上のMF堀田は「このチームで勝ちたかった。言葉では言い表せないほどの悔しい気持ちがある」などと語った。試合後の主な一問一答は次のとおり。

MF堀田稜

東京海上FC

東京海上FC:MF堀田稜

──逆転負けという結果になってしまったが。

「月並みな言葉でいうと、勝負強さが足りなかった。決して試合の流れも悪くなかったし、前半はセカンドボールの回収もしっかりできていた。攻撃面も2トップがボールを収めてボランチを簡単に使ってくれていたので、前向きなエネルギーをたくさん出すことができた。後半も再度引き締めて入って、特別油断もなかった。ただ、ある程度守備の時間が増えることが想定される中で、いくつか作ったチャンスで決められなかった。チャンスにつながる1本のパスをしっかりと出せなかった。そういった個の能力、瞬間的な部分では相手の方が上回っていたと思う」

──逆転されてからの残り時間はどう考えていたか。

「相手はさらに畳み掛けようとしていたので、こちらも小手先のうまいことをやろうとせずにシンプルにゴールを目指していた。パワーのある樋口選手が入っていたので、彼を使いながら縦に早く仕掛けたかったが、そこもやはりアタッキングサードでのクオリティが足りなかった」

──堀田選手自身はケガを抱えての強行出場となったが、コンディションが良ければもっとできると感じたか。

「自分自身のプレーはある程度制限されたが、サッカーはスピードやドリブルだけでなく色々な要素が絡んでいるスポーツ。自分がドリブルできないなら、周囲にボールを運んでもらう。いくらでもやりようはあったと思う。やはりケガを言い訳にはできないし、100%の状態でなくても、何が出来るか試されていたはず。そこで勝てなかったのは、自分自身にサッカー選手としての能力が足りなかったということ。チームが必死にファイトしてくれている中で、勝つことができなかったことには責任を感じている」

──改めて去年は入れ替え戦で敗れ、今年は初戦敗退。この結果をどう捉えているか。

「本当に悔しいの一言。社会人サッカーを始めて年々このチームへの愛着、帰属意識も高まっていたし、何とかこのチームで勝ちたかった。言葉では言い表せないほどの悔しい気持ちがある。でも、そのためにはもっと突き詰めていかなくてはいけない部分がある。サッカーは勝敗だけでは語れない部分があり、90分をどうコーディネートしていくか。88分いい流れでも最後の2分で集中力を欠くことになればやられてしまう。そこがサッカーの面白さでもあり、自分たちがもっと突き詰めていかなくてはいけないところだと思う」

──今年一年を戦い終えて、この悔しさ、この経験を今後にどう生かしていくか。

「今年も得たものはたくさんあるし、収穫の方が僕自身は多いと感じている。ただ、最後の突き詰められていない部分であったり、甘さがこの結果に出ている。今日のようなここ一番の勝負の時だけやろうとしても無理で、今日の試合に出ていたことは結局、今季のこれまでの試合にも出ていたところ。そこをシーズン通して改善し、レベルアップできるかどうかが今後のテーマになる。うちのチームは土日しか全員が集まって練習できないが、みんなが揃わなくてはできないではなくて、平日から各々が思考の整理、自主トレなどで高め合い、それを週末に全員で共有して練習でぶつけ合う。そういったサイクルを生み出していかなくてはいけないと思う」

◇大会日程・トーナメント表・出場チームなど

第52回関東社会人サッカー大会

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP