東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

FC N.が暫定首位へ 明治学院は逆転優勝 東京2部結果

 東京都社会人サッカーリーグ2部は10、11日に各地で各ブロックの計6試合を開催した。

 1ブロックは3試合を開催。前節2位のFC N.は城北と対戦し、立ち上がりに先制点を奪われたが、前半の終盤に関雄斗が同点ゴールを奪うと、後半には入澤巧磨、浅田榛木が得点を奪い、3-1で逆転勝ちした。FC N.は10勝目を挙げて勝ち点を32に伸ばし、暫定首位に浮上して今季のリーグ戦を終了した。なお、1ブロックは暫定2位のGIOCOが最終戦に勝つか引き分ければ優勝となり、GIOCOが敗れた場合はFC N.の優勝となる。そのほか三井住友は1点ビハインドで迎えた後半ロスタイムに佐藤友大、加藤健のゴールで2-1でFLUTTOに逆転勝ちし、勝ち点25で4位。丸紅は冨田純のゴールなどで3-0で第一三共に快勝し、暫定6位でリーグ戦を終えた。

 2ブロックは1試合を開催。明治学院は前半13分に猿渡壮磨のゴールで先制すると、後半はオウンゴールで追加点を挙げてJALに2-0で勝利。勝ち点を31に伸ばして、同30で暫定首位に立っていたエリースCLを抜き、最終戦での優勝を決めた。明治学院は社会人連盟の承認を受け、来季の1部昇格が正式決定する。

 3ブロックは2試合を開催。Criacao Procriarは前半開始4分に田中一輝が先制点を奪うと、その後も次々に加点して6点を奪い、SFC東京に6-0で大勝した。Criacao Procriarは勝ち点を26に伸ばし、4位につけている。敗れたSFC東京は同12の11位で2部昇格1年目を終えた。そのほか野村総研は棚木将の2得点などで3-0でFC多摩に快勝し、5勝目を挙げて9位に浮上。敗れた多摩は3部降格となる今季13位以下が決定した。

東京都社会人サッカーリーグ2部

[1ブロック]

  • 丸紅 3-0 第一三共
  • スペリオ城北 1-3 FC N.
  • 三井住友海上 2-1 FLUTTO

[2ブロック]

  • JAL FC 0-2 明治学院

[3ブロック]

  • FC多摩 0-3 野村総合研究所
  • S.F.C.東京 0-6 Criacao Procriar

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP