東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:後半に決勝ゴールを蹴り込む東京UのFW佐々木。

関東リーグニュース

東京U、首位VONDSに1-0勝利 FW佐々木が決勝点

写真:後半に決勝ゴールを蹴り込む東京UのFW佐々木。

<関東1部:東京U 1-0 VONDS市原>

 関東サッカーリーグ1部で暫定2位につける東京ユナイテッドは22日、ホームの文京区・小石川運動場で開幕6連勝で首位に立つVONDS市原(千葉)と前期7節を戦い、FW佐々木の決勝ゴールで1-0で勝利した。東京Uは通算成績を5勝2敗の勝ち点15とし、首位との勝ち点差を前節の6から3に縮めた。次節は30日に桐蔭横浜大学FC(神奈川)と戦う。

主力不在もチーム結束 VONDS止める

 結束はパフォーマンスにもよく表れていた。特に自陣ゴール前のリバウンドや中盤のセカンドボールの争奪、そしてそこからのスプリント。難しいつなぎはせずに縦に速い走力勝負をしたことで、ある意味強敵VONDSをピンチのあとにチャンスありの一進一退の互角の土俵に持ち込んだ。ボランチの山田、保坂の抜群のポジショニングでセカンドボールを回収し、右サイドの川上がドリブルで持ち上がり、FW佐々木が走って相手DFをずらして、ギャップに現れたMF室崎、トップ下の岡庭が強烈なシュートを重ねていく。35分にはCKからビッグチャンスが訪れるが、CB鈴木のシュートはGKに阻まれ、さらにこぼれ球を井上が狙うが大きくふかす。もちろんVONDSにも再三危険なクロスやシュートを浴びたが、その度にGK大石が懸命にたちはだかった。

 0-0のいいペースで迎えたハーフタイムに監督は「試合の流れと結果は一致しないことが多い。でもうちは意外と比例するのでこのペースを保ちつづけるようにと伝えた。とにかくいいゲームで終わらせるな、結果を残してこいと」。

 後半も前半同様、奪ったボールを素早く持ち上がって室崎や佐々木がエリア内に侵入してシュートを放つが、それでも1点が遠い。いいペースを継続しているとはいえ「やはり恐怖はあったし、相手の圧力は半端なかった」と監督。それでも68分にようやく歓喜の瞬間が訪れた。中盤のこぼれ球が川上のもとに渡ると、そこからドリブルで右から中央に切り込みながら一拍「間」を置くと、次の瞬間に佐々木が最終ラインの背後へ飛び出す。絶妙のタイミングでスルーパスを引き出した佐々木がエリア右から逆サイドに決めてついに先制。

 そこからも集中力は途切れずに全員が追加点を狙いつつも1点のリードを身体を張って死守。そのまま1-0で逃げ切り、終わってみれば「このメンバーにしかできない戦い、戦術的にも狙い通りにはまったゲームだった」と福田監督が胸を張る勝利。首位VONDSの独走に待ったをかけ、自らの優勝への道も大きく切り開いた。

関東サッカーリーグ1部

  • 東京ユナイテッド 1-0 VONDS市原
    【得点者】
    68分 佐々木 陸(東京U)

順位表

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    東京勢は東京Uが全国大会へ 日立、東京23は逃す
    全社予選 6月16日

  2. 写真ニュース

    東京U、日立ビルに1-0 東京勢対決制し3勝目
    関東1部 5月20日

  3. 写真ニュース

    東京ユナイテッドが2勝目 浦安に3発勝利
    関東1部 4月29日

  4. 写真ニュース

    東京ユナイテッド、1点逃げ切り白星発進 室崎決勝点
    関東1部 4月7日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP