東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

関東リーグニュース

日立ビル寺地監督 東京U福田監督 一問一答

 関東1部の日立ビルシステム-東京ユナイテッドの試合が25日に行われ、日立が2-1で競り勝った。日立は勝ち点を12に伸ばして降格圏を抜け出す8位に浮上。東京Uは同30で2位をキープしたものの、首位VONDS市原との勝ち点差は前節の4から7に広がり、優勝は難しい状況となった。試合後の日立ビル・寺地監督、東京U・福田監督との主な一問一答は以下の通り。

寺地廉監督

日立ビルシステム

日立ビルシステム:寺地廉監督

──東京ユナイテッドを相手に勝利したが感想は。

「相手が強いというのはもちろんわかっていたが、今の自分たちの順位を考えると、今日は何としても勝ち点を取りたい気持ちがあった。それに前期、全社予選で敗れた借りをここで返したいという思いがみんなの中にあったし、それがうまく結果につながったのだと思う」

──ゲームのポイントや狙いは。

「相手はハードワークをしてくるし、3人目もどんどん出てくる。とにかくうちがいつもやっているブロックをしっかり作るということ、それと前からプレスをかけにいくタイミング、メリハリをつけることを意識させた。攻撃に関しては奪ったボールを逆サイドに振って、ワイドな攻撃を展開し、そこで相手の陣形が広がってきたら裏を狙うということを徹底させた。攻撃に関してはよく出来ていたと思う」

──セットプレーで2点を挙げたが。

「全社予選で対戦したときもセットプレーでチャンスは作れていた。相手はゾーンで守るので、うちとしてはしっかり助走をつけて競った方が勝てる。あそこまで点につながると思っていなかったが、決まって良かった。コーナー付近まで行ったらしっかり攻撃をやり切るようにと伝えていたが、それをしっかりとやってCKを獲得したことも良かった」

──2-1でハーフタイムを迎えた時はどういった話をしたか。

「相手はうちの運動量が落ちるのを待っているという話をした。相手のベンチには河本選手や柊人(平尾選手)など縦に速い選手がベンチにいたし、おそらく裏のスペースを狙って点を取りに来るだろうと。うちとしては足が止まったとしても、とにかく後ろでブロックを敷いてスペースを消してなるべく彼らの良さを出させないようにすること。耐えていればもう1点取るチャンスも来るだろうし、耐える時間は長いけど頑張ろうと伝えた」

──改めて今日の勝ち点3については。

「本当に大きい。最終節に残留を争っている横浜猛蹴と東京23が戦うことを考えると、現状としては自分たちはそれまでに降格圏を抜け出さないと他力に頼ることになってしまう。来週の横浜猛蹴との直接対決うんぬんはあるが、それ以外の試合でいかに勝ち点を取るかが大事。その勝ち点を今日ユナイテッドから取れたのは本当に大きいと思う」


福田雅監督

東京ユナイテッド

東京ユナイテッド:福田雅監督

──結果については。

「負けるとしたら、こういう負け方になると思った。試合前に今の自分たちなら10試合やれば6試合は勝てる。あとの3試合は引き分けて、1回は負けるだろうと。こういった暑さの環境の中で相手がベストマッチをしてきて、しかも不運も重なれば負ける。でも、そうならないように、その1回になる可能性をとにかく消すようにと伝えたが、やっぱり難しかった。負けるときは今日のようなセットプレーであっさり失点してしまう形だろうし、特にゲームの入り方が悪すぎたと思う。うちは相手に引かれてしまうとなかなか点を取れる選手がいないし、だからこそ全員で走力で圧倒しなくてはいけないのに、この暑さで走力を消されて足元のサッカーになりがちだった」

──いつものような走力を生かした持ち味が発揮できなかった要因は。

「単純に暑さの影響と、出場停止やコンディション不良で何人かの選手を入れ替えなくてはいけなかったが、そこがあまりうまく機能しなかった。やはり自分たちはサイドでどんどんクロスオーバーしていかないと、攻撃の形を作れないが、その形を今日は作れなかった。自分の采配ミスもあると思う」

──後半は相手に完全に引かれてしまった。

「ああなると得点を取るのは難しい。FW佐々木も収められるタイプではないし、DFの間にスペースがなくなってしまうと裏を取れない。厳しいなぁと思いながら見ていた。相手のモチベーションも高かったし、今日は本当に色々な要素が加わってこの結果になった。負けるときはこんな感じだし、優勝できないチームもこういった時に勝てないチームなんだと思う」

──ここから残りのリーグ戦はどう見ているか。

「余計な欲は消えた。もう無欲に1試合、1試合を必死にやるしかなくて、全社をにらみながらもう一度戦力の選別を含めてやっていきたい」

──その全社の組み合わせが決まったが、組み合わせについては。

「厳しい。ありえないくらい厳しいと思う。でも、結局はそこを勝ち抜ける力がないと、地域CLに出場しても難しいと思う。もし、全社を勝ち抜けて地域CLに出場できたとすれば、その時は自信を持って臨めると思う」

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【関東1部/動画ハイライト】日立ビルシステム 2-1 東京ユナイテッド
    関東1部 8月26日

  2. 写真ニュース

    日立、CK2発 残留へ向け貴重な勝ち点3 東京U破る
    関東1部 8月26日

  3. 写真ニュース

    日立ビルは流経大と0-0ドロー 決定機作れず
    関東1部 8月19日

  4. 写真ニュース

    FW河本、ロスタイムに2得点の活躍「決められてよかった」
    関東1部 8月19日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP