東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:2試合連続スコアレスドローに終わったCERVEZA。

東京都リーグニュース

東京1部 今節も関東大会出場チーム決まらず セルべはまたしてもドロー

写真:2試合連続スコアレスドローに終わったセルベッサ。

 東京都社会人サッカーリーグ1部は6日、各地で7試合を開催。

 勝てば関東大会出場が決まるセルベッサは東京蹴球団と戦い、最後まで得点が奪えず0-0の引き分けに終わった。セルベッサは2試合連続のスコアレスドローとなり、勝ち点29で前節の2位から暫定3位に後退した。最終戦(対アストラ)で、引き分け以上の結果を残せば関東大会出場が決まるが、敗れた場合は3位以下が確定となり、出場権獲得はアローレの結果次第となる。

 勝てば関東大会出場の可能性があった東京海上は八王子に3-5で競り負け、3年連続の関東大会出場が消滅。勝ち点27の暫定4位で今季のリーグ戦を終えた。一方の八王子は同27の暫定5位で終了。またこの日は2得点を挙げたFW五十嵐裕貴が得点ランクで暫定首位(13点)に立ってリーグ戦を終えている。

 GIOCOはOSSAに2-1で競り勝ち、勝ち点を29に伸ばして暫定2位に浮上して今季のリーグ戦を終えた。GIOCOの関東大会出場はCERVEZAとアローレの結果次第。そのアローレは林慶之の2試合連続ゴールなどでアストラに3-0で快勝。残り2戦2勝で関東大会出場が決まる。

 そのほか東京プラスは大沢拓巳の決勝ゴールで3-2で三菱養和を退け2連勝を飾り、明学スカーレットは0-1で迎えた82分に大川夏輝が同点ゴールを決めると、終了間際には新家和樹がPKを決めて2-1でZIONに逆転勝ちした。TFSCは西村恒亮のゴールなどで3-1で三菱UFJを下し、5試合ぶりの勝利を挙げた。

■関東大会出場は残り2チーム
 なお、関東大会出場はエリースがすでに決めており、残りは2枠。今節終了後にGIOCO、セルベッサ、アローレの3チームに絞られた。GIOCOはすでに全日程を終えており、他チームの結果待ち。セルベッサは最終戦で引き分け以上の結果を残せば確実で、アローレは残り2戦2勝で決まる状況。

■残留は11位三菱UFJまでが確定
 一方、今節で1部残留を決めたのは新たに3チーム。勝ち点を17に伸ばした9位明学スカーレットと10位東京蹴球団、さらに同16の11位三菱UFJが決めた。また、同15で12位のアストラも得失点差を考えると残留の可能性が高く、降格の可能性があるのは13位以下のTFSC、OSSA、三菱養和、ZIONの4チームとなった。なお、三菱養和は15位以下が確定しているため、自力での残留の可能性は消滅した。

東京都社会人サッカーリーグ1部

  • 三菱UFJ 1-3 TFSC
  • 東京海上 3-5 八王子
  • 東京プラス 3-2 三菱養和
  • 明治学院 2-1 ZION
  • アストラ 0-3 アローレ
  • CERVEZA 0-0 東京蹴球団
  • OSSA 1-2 GIOCO

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    エリースのリーグ優勝が決定 セルべはドロー 八王子は敗れる
    東京1部 9月29日

  2. 写真ニュース

    エリース優勝 東京海上との接戦3-2で制す
    東京1部 9月30日

  3. 写真ニュース

    セルべは痛恨ドロー 近藤がPK失敗
    東京1部 9月30日

  4. 写真ニュース

    東京海上はあと一歩も惜敗 自力での関東大会出場が消滅
    東京1部 9月30日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP