東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

東京都リーグニュース

KOREAは暫定首位で終了 HOSEIは痛恨ドロー 東京2部結果

 東京都社会人サッカーリーグ2部は20日に各地で8試合を開催した。

 1ブロックは3試合を開催。KOREAは崔鉉奎のハットトリックの活躍などでSUGINAMIに4-0で快勝し、勝ち点を33に伸ばして暫定首位で今季のリーグ戦を終えた。エリースCLは坂本亮太の2ゴールなどでTUAを4-0で退けて8勝目。丸紅は浅井隼也の決勝点で1-0でプログレッソを下して4勝目を挙げている。

 なお、1ブロックの優勝争いはKOREAが勝ち点33の暫定首位で全日程を終了しており、残すは最大勝ち点で並ぶTOKYO CITY(残り試合1)、東京U23(残り試合2)の結果と得失点差の勝負になる。

 2ブロックは3試合を開催。残り全勝で優勝が決まる2位HOSEIは11位むさしのと対戦して2-2で引き分けた。先に2点を奪われる展開となり、後半に安齋航輝、井上尊寛のゴールで追いついたが、逆転できなかった。HOSEIは勝ち点28で2位をキープしたものの、最大勝ち点(34)で暫定首位の慶應BRBと並ぶことになり、単独での自力優勝の可能性が消滅した。優勝の可能性は慶應BRB、HOSEI、さらには上位2チームの結果次第で3位のCriacao Procriarにもある。

 そのほかGriffinとKirinohaは1-1の引き分け。12位東京ガスと14位第一生命の下位対決は、東京ガスが1-1で迎えた試合終了間際に岩下雄太郎の決勝ゴールで競り勝った。東京ガスはひとまず降格圏を回避し、第一生命、Racingの2チームは今季13位以下が決定した。

 3ブロックは2試合を開催。COASTは位高達夫の2ゴールなどでSFC東京を4-0で下し、勝ち点を9に伸ばして暫定10位に浮上した。INAHOとDESEO東京は両者ゴールネットを揺らせずスコアレスドローに終わっている。

東京都社会人サッカーリーグ2部

[1ブロック]

  • エリース東京CL 4-0 T.U.A.
  • プログレッソ 0-1 丸紅
  • FC KOREA 4-0 SUGINAMI

[2ブロック]

  • 第一生命 1-2 東京ガス
  • Griffin東京 1-1 Kirinoha Tokyo
  • むさしのFC 2-2 HOSEI FL

[3ブロック]

  • INAHO 0-0 DESEO東京
  • COAST 4-0 S.F.C.東京

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

  1. ニュース

    TOKYO CITYが7点圧勝で暫定首位 東京2部結果
    東京2部 10月15日

  2. 映像ニュース

    【東京2部/動画ハイライト】警視庁 1-8 FC N.
    東京2部 10月6日

  3. 写真ニュース

    FC N.が優勝 最終戦で警視庁に8点大勝 2部3ブロック
    東京2部 10月5日

  4. 映像ニュース

    【東京2部/動画ハイライト】FC KOREA 3-0 三井住友海上
    東京2部 9月17日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP