東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

東京都リーグニュース

ZION林代表「最後の最後にまとまれた」一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部のZIONは22日に東京蹴球団とリーグ最終戦を戦い、1-0で勝利した。ZIONの今季の通算成績は4勝1分け10敗の勝ち点13、前節の15位から降格圏最上位となる13位でリーグ戦を終えた。試合後のZION・林代表との主な一問一答は次のとおり。

林 洋平代表

ZION FC

ZION FC:林 洋平代表

──1部昇格1年目を13位で終えた感想は。

「東京都のトップリーグに初めて参戦したが、2部とは全然違った。スピードもパワーもテクニックも違う中で、序盤からZIONにとっては苦しい展開になってしまったが、最後の最後にチームとしてまとまれたのは良かった。13位という結果については今の自分たちの力そのものだと思う」

──当初予想していた1部リーグでの戦いと何かギャップはあったか。

「僕の中ではなかった。想像していた通り、どこもいいチームだったし強かった。ただ、自分たちが崩れて勝てなかった部分も多かった。1部リーグに関しては本当にいいチームばかりだった」

──クラブ代表者としての自身の今季の取り組みを総括するとどうだったか。

「色々な状況の選手たちがいる中で、なかなかまとめるのが難しかったシーズンだった。その中でもスポンサーの方々やサポーターの皆さんに支えられて、こうやって残留できるかできないかのギリギリの順位までこれた。みなさんの応援が最後の支えになったと思う」

──1部リーグに定着、関東へ昇格していくためには。

「土台作りをもう一度、一年間かけてしっかりやっていくべきだと思う。関東リーグ昇格も大事だが、まずは土台を作り、負けないチーム、東京1部にふさわしいチームを作っていくことが、今やらなければいけないこと。もちろん戦力だけでなく、運営のところの人数の部分に関しても見直さなくてはいけない」

──まだ正式には1部に残留できるかどうかわからないが、来季への意気込みは。

「残留できたとしても、できなかったとしても、もう一度強いチーム作りをして、若い選手たちと一緒に強いZIONというチームを作っていければと思う」

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】ZION 1-0 東京蹴球団
    東京1部 10月23日

  2. 写真ニュース

    ZION、最終戦で貴重な勝ち点3 残留に望み
    東京1部 10月23日

  3. 写真ニュース

    アローレ、ZIONが勝利 上位3、下位4チーム決定 東京1部
    東京1部 10月22日

  4. 写真ニュース

    ZIONは2勝目 TFとの下位対決制す
    東京1部 9月2日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP