東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:ハーフタイムに指示を出す津久井HC。

東京都リーグニュース

エリース津久井HC「まだ何も達成していない」

写真:ハーフタイムに指示を出す津久井HC。

 6日後には関東大会を控えるエリースの今季リーグ最終戦。津久井HCは先発を考慮したり、後半冒頭からケガ明けの猪股を投入、後半途中にはCB宮地と香西の2人を長井と坂木に一気に入れ替えるなど、可能な限りのメンバーを見定めた。「正直難しかった。勝たなくてはいけないけど次もある」(津久井HC)。

 最後は交代カードを使い切ったあとにMF田仲が足を痛めて負傷退場するなど、想定外となる10人での戦いも強いられたが、それでも2-1でしっかりと勝利。「勝てたのも良かったし、早めの交代をしながら勝てたことも良かった」と手応えを口にした。

 とはいえ「まだ何も達成していない」というのが選手、スタッフの共通認識で、最終目標はあくまでも関東大会優勝。津久井HCは「この目標達成のために一年間やってきた。クラブの理念、代表の理念を成し遂げるためにも何としても達成したい」と、11月2日から始まる関東参入戦に向けて強い覚悟を示した。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    東京1部最終戦 エリースが南葛を2-1で下す
    東京1部 10月27日

  2. 写真ニュース

    東京1部全日程終了 最終順位が確定
    東京1部 10月27日

  3. ニュース

    監督投票による東京1部ベストイレブン発表
    東京1部 10月25日

  4. 写真ニュース

    エリースのリーグ優勝が決定 セルべはドロー 八王子は敗れる
    東京1部 9月29日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP