東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

関東社会人サッカー大会ニュース

エリース津久井HC「今年のサッカーを土台に」再挑戦期待/MF猪股 FW山下 一問一答

 今季東京1部を制して関東社会人サッカー大会に出場したエリースは、準決勝で群馬県のザスパ草津チャレンジャーズに0-5で敗れて1年での関東リーグ復帰が消滅。来季の東京1部残留が確定となった。試合後の津久井ヘッドコーチ、MF猪股、FW山下との主な一問一答は次のとおり。

津久井 弘伸HC

エリース東京FC

エリース東京FC:津久井弘伸ヘッドコーチ

「今年のサッカーを土台に再挑戦してもらいたい」

──試合を戦い終えての感想は。

「予想できないような結果になってしまった。何が残念かと言うと、0-5で負けたこともそうだが、これまでやってきた今年のサッカーが出来なかったこと。自分たちが主導権を握るサッカーの前に走る、戦うの部分で相手の方が上回っていた」

──前半を振り返ると。

「前半の内容自体は悪くなかった。うちはもともと前半は手堅いサッカーをして、後半に主導権を握ることが多い。前半の事故的な失点はあったが、ハーフタイムのミーティングでも選手はいけるという自信を持っていたし、決して油断もなかった。ただ、予想外の連続失点が痛かった」

──勝負を分けたのは。

「正直、まだちょっとわからない。その辺が僕の指導者としての経験のなさだと思う。MF猪股、菅田というゲームをコントロールできる選手を投入すれば安定感が増すし、FW中島を入れれば点は取れる。でも、今日に関してはそれくらいしか出来ることはなかったかもしれない。僕自身の考えが。準々決勝までは一緒にいた今矢コーチがいればまた違った策を取れたのかなとも思う」

──この準決勝の壁を超えていかなくてはいけない。

「僕とMF福井に関しては青梅FCの時も関東大会の準決勝で2回負けて、今回も負けて、正直サッカーの実力の差はそれほどないはず。それでも勝てないのはなんでなのかなと思う。正直わからない。これで一年間の積み上げが終わってしまうのは非常に残念。もちろん昇格出来なかったのは何かが足りなかったわけで、でもそれをすぐに答えを出して、それだけをやればいいかと言うとそうでもない。負けて残念、負けて悔しい気持ちは当然あるが、今年一年間のエリースの活動は去年と違って自分たちのやるサッカーも明確になったし、今年のサッカーを土台にまた来年、2年、3年と常にチャレンジしていく集団になれたらいい。

 それと東京都リーグは、関東リーグみたいにプロ集団も少ないし、ある意味社会人サッカーとしては関東よりも注目されて、本気でのめり込める場だと思う。関東リーグに上がればすべて一番というわけではなくて、もちろん都リーグにいればいいということでもなくて、いかに自分がその舞台でプライドを持って取り組めるかどうかだと思う。そこを選手たちが感じ取って挑戦してもらいたい」

──最後のミーティングではどんな話をしたか。

「小宮代表からは『結果は非常に残念だったけど、今年一年間の取り組みは素晴らしかった』という言葉を頂いた。選手からはこの悔しい気持ちを大事にして、来年も真剣勝負が出来る場はあるし、常にチャレンジしていく集団でありたいという話をして締めた」


MF猪股 聖哉

エリース東京FC

エリース東京FC:MF猪股 聖哉

「関東大会を想定した戦いも必要」

──予想外の大差での敗戦となった。

「内容自体は悪くなかったし、1失点、2失点なら追いつけると思った。ただ、3失点目が痛かった。そこでチームとしても沈んでしまって、得点も奪えなくて、自陣でミスしてショートカウンターを浴びるよくない場面が出てしまった」

──こういったゲームを今季は経験してこなかったと思う。

「本当にそうで、いつもなら落ち着いて、サポートに入ってボールも回せたと思うが、勝たなくてはいけない焦りでいつもと違うところがあった。ちょっとしたズレ、ミス、なんか違うなという雰囲気になってしまった」

──今のエリースの実力からすると、この準決勝敗退という結果をどう受け止めているか。

「今回は0-5で負けてしまったが、決勝に進む、優勝できるレベルにはあると思っている。ただ、自分たちの力を出し切れずに準決勝で敗れてしまった。そこは悔いが残る」

──この壁を超えていくにはエリースとしてどんな取り組みが必要になるか。

「やはり前からプレッシャーを掛けてくる相手に対してどう戦うか。自分たちがうまくいかない時のオプションをどうするのか。その辺りはリーグ戦を通してもできたことだと思うし、良い教訓になった。目の前のリーグ戦に勝つことも大事、でも優勝だけでなく関東大会を想定した戦いも必要になる。そこはもっとリーグ戦の時から取り組んでいかなくてはいけない」

──個人的には来季に向けてどう考えているか。

「今日もそうだがケガが多すぎるし、ちょっと来年は厳しいかなと思う。少し休んでまた考えたい」


FW山下 真太郎

エリース東京FC

エリース東京FC:FW山下 真太郎

「充実した一年間だった」

──0-5という結果となったが感想は。

「悔しい結果になったが、実力で負けたかなという感じがする」

──実力云々だけでもないような気もするが、試合の内容を振り返ると。

「確かにうちが点を取れるところでしっかりと取れていれば、面白い展開にはなっていたと思う。でも忍耐強さで負けて、軍配が相手にいったかなという印象」

──具体的にうまく行かなかったところは。

「今季戦ってきた相手で、あんなに大きくて前線でボールが収まるFWの選手はそこまでいなかった。うちのセンターバックの対応がちょっとはまらなかったかなというところ。そこに修正をかけられなかったので、後半はうちが先に崩れてしまった」

──改めて今季を振り返ると。

「東京都リーグで15試合を戦って、関東大会はトーナメント戦。結果は残念だったが、リーグ戦も楽しめて、トーナメント戦も楽しめて、とても充実した一年間だった」

──来季に向けては。

「エリースのサッカーはこうあるべきということが今年一年である程度固まった。それを今いるメンバーが来年も継承していかなくてはいけない。それにチーム創立50周年という節目でもあるし、この歴史あるチームをさらに強くしていかなくてはいけない」

──個人的には来季も頑張るつもりか。

「今のところやめる理由が見当たらないです」


試合日程・結果/トーナメント表

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【関東大会/動画ハイライト】準決勝:エリース東京 0-5 ザスパ草津チャレンジャーズ
    関東大会 11月17日

  2. 写真ニュース

    エリースまさかの5失点完敗 関東復帰ならず
    関東大会 11月16日

  3. 映像ニュース

    【関東大会/動画ハイライト】準々決勝:エリース東京 1-1(PK6-5)品川CC横浜
    関東大会 11月4日

  4. 写真ニュース

    エリース、終盤に中島が同点弾 最後はPK戦勝利
    関東大会 11月3日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP