東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:セルベッサは練習試合で早大ア式FCに大敗。

東京都リーグニュース

セルベッサ、練習試合で早大ア式FCに完敗 8失点

写真:セルベッサは練習試合で早大ア式FCに大敗。

 昨季東京1部2位のセルベッサは、関東2部から東京1部へ降格となった早大ア式FCと35分3本の練習試合を行い、トータル0-8で敗れた。

 1本目は新加入の田仲智紀(エリース)や主力のFW山内、MF中田、DF金澤などが出場して0-0。2本目は主力を下げたりメンバーや配置をテストしたせいもあり、大学生のハイテンポなゲーム展開に至るところでギャップやズレが生じて0-2。3本目は再び主力も出たが、ほぼやられ放しで0-6とゲームにならなかった。

早大Bチームに完敗 主将金澤「これが今年の基準になる」

 パスのスピードと人の流れ、素早い攻守の切り替え、球際の寄せの数、衰えない運動量。途中までは何とかゴール前で踏ん張ることができたものの、社会人のセルベッサが大学生のハイペースに置いていかれるのは時間の問題だった。2本目の途中からやられ始めると、3本目に関しては石割監督が「相手の前からはめてショートカウンターを仕掛ける練習台になってしまった」という通りの内容で、数分おきに失点、失点、また失点・・。前線から囲って素早く攻め、ビシッと爽快に決めてくる早大ア式FCのクオリティだけが際立つ内容だった。

 もちろん今日不在だった近藤、中島、大森、保田といった主力、さらにはセルベッサが本番モードになればもっと違った結果にはなるはず。だが、一歩間違えれば本番でも十分に起こり得る結果ということは予感させた。主将の金澤は「今年の東京1部を戦う上で今日のレベルがひとつの基準になる。2月のタイミングでこういった試合ができたのはチームにとっていい刺激になった」と大敗の中にも前向きな言葉と、強い覚悟を示していた。

石割監督「フィジカルの差は埋まらない。いかに頭を使うか」

セルベッサ:石割監督

──今日の結果、大敗はある程度想定内だったか。

「相手のレベルがわからなかったので想定内ではないが、まず早大ア式FCの評価をさせてもらうと3本ともクオリティが高くてあまり凸凹がなかった。Bチームのセカンドくらいの位置付けと聞いているので、あのレベルなら間違いなく強敵になると感じたし、Bのトップになればもっとクオリティも高いだろうと感じた。明学やGIOCOとは少し違った印象があった。一方でうちの評価をすると、1本目に関しては個人としても十分に戦える選手がいていいゲームができていた。ただ、2本目、3本目に関しては全員のレベルを上げること、チームや個人戦術の引き出しを増やすためのチャレンジをしたので、こういった結果になるのはある程度致し方なく、覚悟していた部分はあった」

──実際、スコアを抜きにしても学生の強度は高かったし、テンポも速かったと思う。そのあたりの差はどう感じているか。

「フィジカル、アジリティーは学生の持ち味だし、社会人のウィークポイント。自分たちも一生懸命トレーニングはするが、彼らもするので、結局その差は埋まらない。違いがあるとすれば学生は勝つということに加えて個人のレベルアップ、上のチームでプレーすることが目標にある。僕らはチームの勝利とプラスアルファを勝ち取るために活動している。いかに頭で考えて、仲間、チームのことも考えて刺激しあって成長できるかだと思う。相手の嫌なことをする、サッカーの原理原則を忘れずにゴールを取るために何をするかを考えて、頭を疲れるほど使って勝つしかないと思う。今日やって思ったが、リーグ戦では厳しい戦いになるが、決して勝てない相手ではないと思った。ただ、そのためには一人ひとりの取り組みが大事になる。今日の試合でフィジカルや周りへの影響力も含めて1本目に出てやろうという覚悟、自覚、責任、自信のある選手が何人いたか。名前は出してないが『お前じゃ無理だろう』という選手もいた。そこで選手が『何クソっ』て頑張ってくれると僕らはまたレベルが上がっていけるチームになると思う」

──新加入の田仲選手に関しては。

「サッカーが上手な選手なので、周りに合わせられるし馴染むのが早い。中央ならどこでもできる選手なのでうちのバリエーションが増える。1人入って1.5倍くらいの存在感がある」

──今年は新加入が例年に比べて少ない印象があるが。

「いい選手が増えればいいに越したことはないが、今の戦力でも十分に戦えると思っている」

──開幕まであと1カ月。見通しはどうか。

「うちのベストイレブンで戦ったら、今すぐでも開幕できるし、トップを狙える自信はある。ただ、それを一年間通してずっと上にいるために必要なことを今はやっている段階。そこはもう少しやっていかなくてはいけない」

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    アローレ、新戦力交え大学生と練習試合 監督「まだ90分戦えない」
    東京1部 2月25日

  2. 写真ニュース

    市村、倉下はともに前向き「いい方向にいける」
    東京1部 2月18日

  3. 写真ニュース

    エリース、今季初の対外試合は1-2 東邦チタと対戦
    東京1部 2月18日

  4. 写真ニュース

    セルべッサ石割監督インタビュー「選手自らに考えさせる。その方が伸びしろは埋まる」
    東京1部 1月6日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP