東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:エリースは最後まで無得点。写真はゴール前に飛び込むFW中島。

東京都リーグニュース

エリース、八王子との練習試合はドロー

エリースは最後まで無得点。写真はゴール前に飛び込むFW中島。

 東京1部のエリースは12日、1週間後に迫った開幕戦に向けて同1部の八王子FCと45分3本の練習試合を行い、最後まで得点を奪えず0-0で引き分けた。

■45分3本で無得点 課題残る

 来週からのリーグ開幕に向けて最後の仕上げといきたかったところだが、3本とも無得点に終わり、試合後の選手、監督の表情はすっきりしなかった。今季のエリースは新加入選手も多く加わり、30人を超える大所帯。青山監督も「メンバーを選ぶのに迷っている。結局はコンディションが良い選手になるのかな」と先発、レギュラーもまだ決めかねている様子だった。

 実際の先発とおぼしき1本目はDF宮地、MF倉下、神沼、菅田ら去年の主力に加え、新加入の滝沢らが出場。後方からのつなぎやロングフィード、ゲームの組み立てといった部分では八王子よりも明らかに一日の長があり、ボール支配は圧倒的だった。神沼らのドリブルで切り込んでいく迫力もあり、得意のサイドアタックからシュートまで持ち込む回数も多く、あとは決めるだけという内容だったが、それがいつまで経っても決まらなかった。

 2本目は新加入のFW福田、途中からは昨年の関東大会で活躍したFW中島らも出場したが得点には至らず、サブ組が中心の3本目もスコアレスに終わり、「最後の精度」という一言では片付けられない、どこか吹っ切れず、もやもやが残ったような開幕前の最後の練習試合だった。

 試合後、青山監督は「得点が入って勝つのがベストだったが、八王子さんも強いのでそこはうまくいかなかった。完全に仕上がっているかというとそうではないし、リーグ戦を通してチームを作り、変化させていくしかないと思う」と今のチーム状態を話した。

 エリースは19日、2部から昇格を果たした東京23FC江戸川と初戦を戦う。

関連記事

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    八王子は守備で手応え 課題は攻撃、コンディション
    東京1部 7月14日

  2. 写真ニュース

    東京海上MF小松 セルベッサMF中田 一問一答
    東京1部 7月7日

  3. 写真ニュース

    セルベッサは3本通して無得点
    東京1部 7月7日

  4. 写真ニュース

    東京海上、セルベッサが練習試合 徐々に本番モード
    東京1部 7月7日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP