東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:カウンターからシュートを放つ八王子の野原。

東京都リーグニュース

八王子は守備で手応え 課題は攻撃、コンディション

写真:カウンターからシュートを放つ八王子の野原。

<練習試合:八王子 0-0 エリース>

 エリースを相手に攻められる時間が長かった八王子だが、黒木監督からするとそこは想定内だったようで、ポイントはいかに失点0の時間を長く保ち、得意な速攻に転じることができるか。そういった意味では引き分けとはいえ開幕前にまずまずの及第点を与えられるゲーム運びができたようだ。

 特に守備面はCB赤羽と青梅FCから加わったCB福田の2人がクロスを入れられても、しっかりと跳ね返す力強さを見せた。相手の決定力不足に救われた部分は多分にあるにせよ、エリースのイージーミスを突いて野原、五十嵐らがカウンターへ駆け出して決定機を創出するシーンも何度かあり、先に1点を奪えていれば相手の焦りも引き出し、自らのペースに持ち込めた可能性は十分にあった。

 ただ、課題は監督がいうように「カウンターの精度」にあり、少ないチャンスをいかに仕上げて守備陣の負担を減らすか。また、最後の精度を上げるのはもちろんだが、この日はアタッカー陣が軽いプレーで簡単にボールを失い、チャンスがピンチに変わる場面も少なくなく、そういったシーンをいかに減らすか。それ以外にも「活動自粛期間中に選手内で差が出てしまった」という個々のコンディション。特に今季のキーマンになるSB砂岡やMF鯉沼らがもう一段階上げるのは必須になりそう。

 八王子の今季の開幕戦(19日)は明治学院スカーレットで、活きのいい大学生が相手。黒木監督は「相手どうこうでなく、いつも通り一戦一戦を大事に戦っていきたい。まずは選手たちにサッカーを楽しんでもらいたい」と抱負を述べた。

関連記事

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    エリース、八王子との練習試合はドロー
    東京1部 7月13日

  2. 写真ニュース

    東京海上MF小松 セルベッサMF中田 一問一答
    東京1部 7月7日

  3. 写真ニュース

    セルベッサは3本通して無得点
    東京1部 7月7日

  4. 写真ニュース

    東京海上、セルベッサが練習試合 徐々に本番モード
    東京1部 7月7日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP