東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:ドリブルで攻め込む城北のFW加部。試合は1-1のドローに終わった。

東京都リーグニュース

城北-HBOは1-1ドロー 互いに攻め手乏しく

写真:ドリブルで攻め込む城北のFW加部。

【東京2部】2B-2B:スペリオ城北 1-1 HBO東京

 ブロック優勝するためにもお互い負けられない一戦だったことは重々承知。だが、意外にも気迫がぶつかり合うだけで、両軍ともに最後は不完全燃焼の観が拭えなかった。

 目立ったのは個の力と、その単独突破を食い止めるファウルの多さ。突っかけては網に引っ掛かり、引っ掛けては引っ掛かりで、双方の陣地を行ったり来たり。パワーや運動量の使いみちを正面ばかりにぶつけ、スペースを突く斜めの走り、それに続く2列目、3列目の連動性、連続性といった攻撃展開は乏しく、いつまで経っても守備網を突破できずにリズムをつかみきれない時間が延々続いた。

 それでも前半の両者の得点シーンは秀逸。どちらも個による得点だったが、16分の城北の先制点はFW加部が警戒されながらも相手のマークの一瞬の緩さを見逃さずに右足で蹴り入れ、39分のHBOの同点ゴールは左SB末光がオーバーラップから中央にドリブルで運び、そのままGKの重心とは逆を突くミドルシュートをゴール左に一直線で突き刺した。

 後半の冒頭からはHBOが運動量を上げて押し込みもしたが決定力を欠き、一方の城北も元岡監督が「すでにHBOさんは勝ち点3を1試合取りこぼしているので、引き分けも選択肢のひとつとして頭にあった」という通り、リスクを冒してまで攻めるようなことはせず、結局、両者ともに後半はゴールがなく1-1で終了。

 両チームの通算成績は3試合を終えて城北が2勝1分けの勝ち点7で、HBOは1勝2分けの勝ち点5。引き分けでお得感があったのはやはり城北のほうで、元岡監督は「残り全勝すれば1位通過できるので、ここからまた頑張りたい」と話した。

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    FC青山、4点奪い開幕白星 野村は連勝ならず
    東京2部 8月3日

  2. 写真ニュース

    三菱養和2-0快勝 1部復帰へ順調スタート
    東京2部 7月27日

  3. 写真ニュース

    BANDELIE 前半の2失点響く
    東京2部 7月13日

  4. 写真ニュース

    Intel Biloba開幕戦勝利 勝負の分かれ目制す
    東京2部 7月13日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP