東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

東京都リーグニュース

FC N.小田島監督「守備からの得点ができた」一問一答

 東京1部のFC N.は9日の南葛との試合で2-1で逆転勝ちを収めて開幕2連勝を飾った。試合後、小田島監督は「リスク回避をしながら、守備からの得点ができた」と後半に同点に追いつき、最後に逆転したゲームを振り返った。主な一問一答は以下のとおり。

小田島 隆幸監督

FC N.

FC N. 小田島 隆幸監督

「勢いだけにならず、中身も見つめていきたい」

──南葛を相手に2-1で逆転勝ちを収めたが、感想は。

「やはり前回のエリースさんと同じように南葛さんも前半を見た段階で力があるなと感じた。その中で前回と違うのは想定外の失点をしてしまったこと。ただ、想定外と言いながらも南葛さんの力を考えたら1失点はあるので、そこは冷静に捉えながら戦おうという話はした。あとは前半の中で何回か良いシーンがあったので、後半はもっとそのシーンを出すこと、そして南葛さんが後半変化を起こしてくるなら、それはベンチから指示を出すので思い切ってやっていこうと。でも、後半は暑さの影響もあって南葛さんの運動量が落ちたし、やり方も変えてこなかったので、結果的にうまくはめることができた。決して納得できるような内容ではなかったが、学生たちは要所要所で戦えていたし、最後の2点目もうまくはめ込んで前回と同じようにショートカウンターで点が取れた。最後はワーッと喜んでいたが、そういう勢いが学生の良さでもあるし強みではあるが、そこだけにならずに中身もしっかりと見つめてまた次のゲームに向かっていきたい」

──前半は選手も少し迷いが見られたり、相手にはめられてしまった印象だった。

「実は前回のエリースさんとのゲームの時につなぐということが出来なかったので、どうやったらつなげるかをこの期間はトレーニングしてきた。でも、それがまったく出せていなかった。うちはポジショニングやサポートの動き方もある程度決まりを作っているが、それが出来ていないから難しんじゃないのという話をハーフタイムにして、後半はある程度できるようになったが、それも一番は南葛さんのペースダウンがあったからかなと思う。ただ、選手たちはしっかりポジショニングを取ろうとしていたし、結果を残せたので良かった」

──同点に追い付いてからの逆転のイメージはできていたか。

「明確に逆転のイメージはなかった。リーグ戦は7試合しかないし、南葛さんはすでに1回引き分けているので、最悪でも勝ち点1を取って相手に勝ち点3を与えなければ、うちは最後に上位に入れる。そのことだけは頭に入れておけよ、と伝えていた。相手がペースダウンして、15分、30分の給水タイムの時に何となくこちらが1点を取って勝てる雰囲気にはなっていたけど、それでもまずは絶対に勝ち点が0になる戦いだけはするなという話をした。そういった意味ではリスク回避をしながら、勝ち点1を確保しながら勝ち点3を取りに行く、守備からの得点ができたのかなと思う」

──改めてエリースに勝ち、南葛に勝って2連勝を飾った。ここまでを振り返ると。

「正直、2試合とも負けてもおかしくない内容だった。でもそこがうまく勝利に転んだのは、要所要所で学生たちがいい仕事をしたというのは確かにあるが、やはりコロナの影響もあって、リーグが夏開催になり、暑さなど体力的な部分で学生にとってのアドバンテージが大きいのかなと思う。ただ、東京1部に上がり、次は関東を目指す中で、今年のレギュレーションはうちにとってチャンスなのは間違いないし、その中で2連勝できたことは上出来だと思う」

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】FC N. 2-1 南葛SC
    東京1部 8月9日

  2. 写真ニュース

    大学生が躍進 N.は南葛破る 早大は開幕3連勝
    東京1部 8月9日

  3. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】エリース 0-3 FC N.
    東京1部 7月27日

  4. 写真ニュース

    N.はエリースに3-0勝利 開幕金星
    東京1部 7月27日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP