東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:2013年以来7年ぶりの天皇杯出場を決めた武蔵野。

天皇杯予選ニュース

武蔵野シティが天皇杯出場へ 法政大を下す

写真:2013年以来7年ぶりの天皇杯出場を決めた武蔵野。

 天皇杯東京都代表を決定する第25回東京都サッカートーナメント決勝、東京武蔵野シティFC対法政大学の試合が2日、北区・味の素フィールド西が丘で行われ、社会人代表の東京武蔵野シティが1-0で勝利し、2013年以来4度目の優勝を飾った。東京武蔵野シティは東京都代表として天皇杯へ出場(※2013年以来5度目)する。社会人代表が天皇杯に出場するのは5年ぶり。

■前半耐え、後半に石原が一発

 前半、武蔵野は1トップのFW中川めがけて放り込むロングボールを法政の守備陣にことごとく跳ね返されて、チャンスらしいチャンスを作れず。それでも法政の攻撃を守備陣が辛うじて食い止めて前半はスコアレスで終了。

 後半、武蔵野はFW石原とMF差波を開始から入れて変化を施す。特に前半にはなかった石原のスペースへ流れるフリーランニングが相手DFの意識を集め、若干の集中力分散に成功。そして66分、武蔵野が一瞬のスキをつく。

 自陣で奪ったボールからカウンターを発動すると、中川の絶妙なスルーパスから右サイドを石原が抜け出し、向かってくるGKをふわりと浮かせるシュートでかわしてゴールネットを揺らした。そこからは慌ただしくなる法政に総攻撃を浴びたが、守備陣がゴール前で身体を張って、逃げ切り。天皇杯の切符を7年ぶりに手にした。

 一方の法政は前半にMF田中のシュートがポストに当たるなど決定機を決められず、後半に1点を失った直後には10番長谷川ら3人を同時に投入し、72分にはDF高木ら2人を投入して反撃を試みたが、最後まで得点を奪えなかった。

 武蔵野は9月16日に行われる天皇杯1回戦で、栃木県代表の栃木シティFCと対戦する。

東京都サッカートーナメント決勝

  • 東京武蔵野シティ 1-0 法政大学
    【得点者】
    66分 石原 幸治(武蔵野)

◇天皇杯の日程・組み合わせ
天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会 - JFA

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【東京トーナメント/動画ハイライト】武蔵野シティ 1-0 法政大学
    天皇杯予選 9月2日

  2. 映像ニュース

    【社会人代表決定戦/動画ハイライト】武蔵野シティ 3-2 東京23FC
    天皇杯予選 7月24日

  3. 写真ニュース

    武蔵野が東京23に3-2逆転勝ち 天皇杯予選
    天皇杯予選 7月24日

  4. 写真ニュース

    東京武蔵野シティ、今後のJリーグ参入を断念
    JFL 8月3日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP