東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

東京都リーグニュース

南葛、八王子など快勝 エリースは1stステージ敗退決定

 東京1部は12日に1試合、13日に4試合の計5試合を各地で開催。

 Aブロックは東京蹴球団が須⾙俊⼀郎と小美濃拓也のゴールでアストラに2-1で競り勝ち、5戦目にして初勝利を手にした。八王子も鯉沼将希の2得点などでHOSEIに4-0で快勝し、4戦目にして初勝利をマークしている。敗れたHOSEIは開幕3連敗。

 Bブロックは南葛が村越健太の4試合連続ゴールと宮澤弘の2試合連続ゴールなどで4-0でGIOCOに快勝し、勝ち点を13に伸ばして得失点差で暫定首位に立った。12日に試合を行ったN.は三菱UFJを4-0で下し、同13で暫定2位に付けている。

 昨季王者のエリースは東京プラスに0-1で敗れて3敗目を喫し、仮に残り全勝したとしても勝ち点12にしか届かず、1stステージ敗退が決まった。Bブロックは南葛、N.、東京海上に自力での2位以内確保・2ndステージ進出の可能性があり、東京プラス、GIOCOにも辛うじて可能性が残っている。

東京都社会人サッカーリーグ1部

[Aブロック]

  • 東京蹴球団 2-1 アストラ
  • HOSEI FL 0-4 八王子FC

[Bブロック]

  • FC N. 4-0 三菱UFJ銀行
  • 東京プラス 1-0 エリース東京
  • 南葛SC 4-0 駒大GIOCO

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    N.出足鋭く4発快勝 勢い再び
    東京1部 9月13日

  2. 写真ニュース

    南葛、N.が勝点3 その他はドロー 東京1部
    東京1部 9月7日

  3. 写真ニュース

    セルベッサ、久々の試合は東蹴とスコアレスドロー
    東京1部 9月7日

  4. 写真ニュース

    アローレ単独首位ならず 主将の林「相手に合わせてしまった」
    東京1部 9月7日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP