東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:全国大会出場を決めたエリースO35。

東京サッカーニュース

エリースが2年連続で全国大会へ 35歳以上/日本マスターズ関東予選

写真:全国大会出場を決めたエリースO35。

 35歳以上による日本スポーツマスターズ2021関東予選は6日に1回戦、7日に代表決定戦を茨城県のひたちなか市で開催。

 東京代表のエリース東京O35は、1回戦でWhite Seagull friends(栃木県)に7-0で勝利し、翌日の代表決定戦では群馬35FCに3-1で競り勝ち、2年連続3度目となる全国大会出場を決めた。全国大会は9月に岡山県で開催される。

 1回戦を須⾙俊⼀郎の2得点などで7-0で大勝したエリースは、翌日の群馬35FCとの代表決定戦では立ち上がりに失点する苦しい展開。しかし、前半終了間際にCKから齋藤優が押し込み同点に追いついくと、後半15分過ぎにはPKを獲得。須⾙のキックはポストを叩いたが、そのこぼれ球を斉藤紀由が決めて逆転に成功。さらに終盤には須貝がループシュートを決めて3-1で突き放した。

 エリース・熊谷監督(選手兼任)は「大会前に東京1部のCERVEZA、東京蹴球団、3部のTKFといった強敵と練習試合をさせてもらったことで今回の結果につながった。東京都の社会人代表として全国制覇を目指したい」と抱負を述べた。

大会トーナメント表

PR

PR

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP