東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:終了間際に追いつかれ、冴えない表情でピッチを去る明学。

東京都リーグニュース

明学、ロスタイムに痛恨の同点弾献上 逃げ切れず

写真:終了間際に追いつかれ、冴えない表情でピッチを去る明学。

【東京1部】明治学院 1-1 FC N.

 明学は前半、N.にボールを持たれても、主導権を握られても、ゴール前はしっかりと固め、決定機をほとんど作らせなかった。0-0で迎えた後半開始1分にはロングスローの流れから、雨ケ谷の折り返しのクロスを涌井が頭を力強くひねって、ヘディングでの先制点をもぎとった。そこからの時間は小谷野監督が「意図的ではなかったが」と前置きしたうえで、「守る時間が増えつつもカウンターを見据えながら戦えた」と、無理には攻めず、守備的な割り切ったサッカーに徹した。

 後半は主導権を握られたというより、握らせたという表現に近い。ゴール前に再三クロスを放り込まれても、エリア内には守備の人数を揃えてとことん跳ね返し、機をみてぽっかり空いた裏にカウンターに出た。一気に2点目を奪って勝負を決めるか、もしくは逃げ切るか・・。だが、そのどちらも叶わず。

 直野、涌井が追加点のチャンスを逃すと、1点リードで迎えた後半ロスタイム2分、自陣で相手にFKを与えると、ファーサイドでN.の金井にヘッドで押し込まれ、1-1で幕引き。監督は「最後までよく戦えていたが、その最後、残り5分くらいのところ」。「気持ちの部分もあるが、FKの守備の立ち位置だったり、自分たちがボールを握る時間があまりに少なかった。もう少しビルドアップのやり方も工夫していかないと、最後に押し込まれて今日のように勝ち点2を失う」と唇をかんだ。

 とはいえチームは2連敗中だっただけに、この引き分けという結果に監督は一定の評価をしており、「試合ごとに良くなっている。一人ひとりのコーチングの声も出始めているし、みんなが試合に関わるようになってきた。一歩前進の勝ち点1だと思う」とも話した。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    N. 終盤同点も後半早々の失点響く「隙があった」
    東京1部 5月3日

  2. 写真ニュース

    明学、後半振り回され失速 監督「時間、スペース与えてしまった」
    東京1部 4月24日

  3. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】早大ア式FC 1-0 明治学院
    東京1部 4月26日

  4. 写真ニュース

    N. FW八重樫「うまくいかなかった」
    東京1部 4月12日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP