東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:試合終了間際に同点ゴールを蹴り込む駒大の中村。

天皇杯予選ニュース

同点ゴールの駒大 中村「自然と身体が動いた」

写真:試合終了間際に同点ゴールを蹴り込む駒大の中村。

<東京トーナメント決勝:駒澤大 2-2(PK4-3)法政大>

 1点ビハインドで迎えた延長後半ロスタイム2分。ラストワンプレーの同点ゴールには、ロングボール、競り合い、こぼれ球といった駒澤らしさが凝縮されていた。「最後まで諦めないでやるということができた。得点の形も狙い通りだったし、駒澤らしいゴールだった」と秋田監督も胸を張った。自陣からのゴールキックをGK松本が前線へ大きく蹴り上げ、FW宮崎が執念で競り勝ってゴール前へつなぎ、そこからのこぼれ球を途中出場の中村が左足で蹴り込んだ。

駒澤大が天皇杯へ 法政大をPKで破る

 中村本人は「(どうやって決めたか)覚えていない・・。でも、FWが競った後のこぼれ球に走るというのはBチームの頃からずっと練習でやっていたこと。自然と身体が動いた」と、得点シーンは覚えていなくても、こぼれ球への反応は身体がしっかりと覚えていたようだ。結果的にその同点ゴールがPK戦勝利、天皇杯出場につながり、「チームの役に立ててよかった」と中村ははにかんだ。その天皇杯1回戦ではJ2のSC相模原と対戦する。秋田監督は「プロの凄さ、プロを相手にここまで出来たなど、色々なことを学んでもらいたい」と楽しみな様子だった。

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【動画ハイライト】 駒澤大学 2-2(PK4-3)法政大学
    天皇杯予選 5月10日

  2. 写真ニュース

    駒澤大が天皇杯へ 法政大をPKで破る
    天皇杯予選 5月9日

  3. 写真ニュース

    天皇杯予選、駒澤大と法政大が決勝へ 社会人は敗退
    天皇杯予選 4月18日

  4. 映像ニュース

    【東京トーナメント/動画ハイライト】 武蔵野ユナイテッド 1-1(PK6-7)法政大学
    天皇杯予選 4月19日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP