東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:30日に行われたBiloba-CERVEZA。

東京都リーグニュース

Bilobaはセルべに4発快勝 3勝目

写真:30日に行われたBiloba-CERVEZA。

【東京1部】Intel Biloba 4-0 CERVEZA

 Bilobaとセルベッサの3勝目をかけた一戦は、Bilobaが圧巻の4発快勝。通算成績を3勝1分け3敗とし、セルベッサは2勝1分け3敗となった。

 要所でセルベッサの単純なミスも出たが、そのミスを引き出したのはBilobaの勢いだろう。ボールを奪うプレーは強く、ゴールへ向かう姿勢はチャレンジャーらしく勇ましかった。

 開始7分、FW有路のDFの背後を狙ったパスに走った片山が飛び出すGKよりも一瞬早くボールに触れていきなり先制点を奪うと、そこからはバタつくセルベッサを前線からのハイプレスでどんどんはめていった。徐々に奪いどころとタイミングを合わせていくと、33分には相手の自陣でのパスミスを誘発し、その流れからすかさず有路が右足で蹴り込み追加点を奪った。

 2-0で折り返した後半は開始2分に有路がセルベッサのCB金澤との1対1をスプリントで制し、そのまま3点目をゲット。以降はチャレンジャーから1部常連チームのように姿を変えてしたたかにプレー。80分にはCKから石田が頭で折り返したボールを再び有路がヘッドでダメ押しの4点目を奪い、勝利を決定付けた。

FW有路が3ゴール1アシストの活躍

 前々節の大敗したエリース戦ではスタメンで出場しながらも前半のうちに屈辱的な交代を告げられたFW有路が、2試合ぶりに巡ってきたスタメンのチャンスで3得点1アシストと暴れに暴れた。この日は最前線に張り、ボールの収まりもよくチャンスがあればすかさずゴールを狙った。そこには前々節やスタメンを外れた前節の悔しさが込められているようにも映ったが、本人は意外にも「強気というより、冷静に、且つボールを奪うところでは熱いプレーを心がけた」と落ち着いていた。それが早々の味方を生かす先制点のアシストでもあり、33分のDFを前にしても積極的に狙う1部初ゴールにも表れていた。

 後半も前線で走って、ボールに果敢に飛び込み、2点を積み上げハットトリックを達成。最後までチームを最前線でけん引した。有路は「都1部で初めて点を取って、さらにハットトリックもできてすごくよかった」と嬉しそうに話したが、間髪入れずに「次に切り替えてやっていかなくてはいけない」とも話し、視線はすでに次戦に向いていた。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】Biloba 1-0 23江戸川
    東京1部 5月17日

  2. 写真ニュース

    東京プラス2点差守れず セルべは意地見せる
    東京1部 5月17日

  3. 写真ニュース

    Biloba前節の大敗教訓 チーム一丸で23江戸川破る
    東京1部 5月17日

  4. 写真ニュース

    Bilobaは攻撃の時間少なく大敗
    東京1部 5月10日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP