東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:厳しい表情で見守る三菱UFJの大関監督(左端)。

東京都リーグニュース

三菱UFJは3連敗 復調の兆し見えず監督落胆

写真:厳しい表情で見守る三菱UFJの大関監督(左端)。

【東京1部】三菱UFJ銀行 0-2 駒大GIOCO

 開幕戦に勝利したものの以降2連敗中の三菱UFJ。この日は開幕戦以来となる主将のCB萩間も参戦し、大関監督も試合前は「ベストメンバーとまではいかないが、今、考えられるおおよそのメンバーが集まり、かなりの期待感があった」という。だが、終わってみればこれまでと大差なく0-2の敗戦。3連敗となり「こんな感じなのかな」と落胆の色を隠せなかった。

 連敗ストップの打開策として、この試合ではボランチの直江を前線で起用し、風間と2トップを組ませ、本来FWの蓮川を右サイドハーフに回した。「相手を背負った状態で攻撃を開始するよりも、2トップには積極的に裏を取りに行かせる狙いだった」と監督。相手のDFラインを2トップが引っ張り、全体で押し込んで行くというその発想自体は悪くなかった。が、直江がいなくなった中盤の構成力は大幅に低下し、後方から中盤を飛び越して単純にロングボールで前線を狙う戦術では、その徹底ぶり、ボールへの執念、セカンドボールへの嗅覚など、どれをとっても明らかに相手のGIOCOに一日の長があった。

 前半の終わりに自陣で行き詰まり、CB仙波の凡ミスを相手に決められて自滅の失点。途中からは蓮川をFWに戻して、裏を狙ったが、それも単純な一本やり。中盤の組み立てがなく、工夫もない攻撃ではGIOCOのDFも簡単にやられる気配は最後までなかった。

 開幕前から続く緊急事態宣言の影響で、同行サッカー部は活動が大幅に制限され、練習や練習試合もままならず「本番の公式戦でその都度やり方を試して模索するしかない」という。活動できる、できないでリーグ内の格差は広がる一方だが、今季は容赦なく降格もあるだけに、そうも言ってられない。監督は「何とかあと1、2試合でチームとしての方向性を見いだしたい」「この一週間で劇的にコンディションがアップするわけでもないし、メンバーが大幅に変わるわけでもない。変えられるとしたら一人ひとりの日々の意識と行動しかない」と必死だった。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    無得点続くFW蓮川「自分がやっていかなくては」
    東京1部 6月14日

  2. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】三菱UFJ銀行 0-2 駒大GIOCO
    東京1部 6月14日

  3. 写真ニュース

    GIOCOが三菱UFJに快勝 2勝目
    東京1部 6月13日

  4. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】三菱UFJ銀行 0-2 CERVEZA
    東京1部 6月7日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP