東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:後半、主審に意義を唱えて警告を受ける城北の加部。

東京都リーグニュース

城北、数的優位生かせずドロー 早々に狂った歯車戻らず

写真:後半、主審に意義を唱えて警告を受ける城北の加部。

【東京2部3B】Griffin東京 1-1 スペリオ城北

 開幕3試合を終えて1勝1分け1敗の城北。2部で優勝するには残り全勝が条件といっても過言ではないはずだが、昨季11位と低迷したGriffinに1-1のドローと勝ち切れず。優勝が早くも遠のいた。

 「ゲームの入りがすべてだったかな」と吉見監督が悔やんだのが開始1分ほどの失点。敵陣左サイドでのFK。あれだけ人が前線に上がったなら、素直に放り込んでも良かったようにも映ったが、2、3本つないでから放り込もうとしているうちに稗田がボールを失い、そのまま速攻を浴びて失点。

 そこから前半のうちに田熊のゴールで同点に追いつき、後半の序盤には相手が2度目の警告を受けて1人退場になり数的優位にもなった。が、主導権を握りつつもトドメを刺せず。「ボールは確かに持てたが、それは持たされてるだけ。勝たなくてはという焦りもあって、相手が集結している真ん中ばかり攻めて崩しの精度が足りなかった」と監督。

 結局、点は取れず、さらにロスタイムには大黒柱の加部が主審に意義を唱えてこの日2度目の警告を受けて退場。勝ち点1に終わり、次節は加部が出場停止。早々に狂った歯車は最後まで戻ることはなく、今後にも響く後味の悪いゲームとなった。

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    Griffin、勝ち点1も監督は「納得」
    東京2部 6月14日

  2. 写真ニュース

    RFC、1-0でKOREA破る 檜垣がFKで決勝点
    東京2部 6月7日

  3. 写真ニュース

    FLUTTO、TFSCに競り勝つ 1-0勝利
    東京2部 5月24日

  4. 写真ニュース

    TFSCと城北は1-1ドロー 両者決め手欠く
    東京2部 5月18日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP