東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:東京プラスは80分に和田のゴールで追いついた。

東京都リーグニュース

東京プラス、辛うじてドロー ケガ人多く連動性欠く

写真:東京プラスは80分に和田のゴールで追いついた。

【東京1部】東京プラス 1-1 明治学院

 もともとケガ人が多く、特に最終ラインのメンバーのやりくりに頭を抱える東京プラスは、CB佐潟までも前節の負傷で離脱することになり、その穴埋めとして今節は複数のメンバーの入れ替え、配置換えを余儀なくされた。「前節はすごくいい形で勝てて、2連勝を狙おうという雰囲気だったが、メンバーが変わってどうしても連係で合う、合わないが出てしまった」と山田。その山田もこの日は本職のボランチではなく「滅多にやることはない」という左SBでの出場。

【ゲームハイライト】東京プラス 1-1 明治学院

 前半から誰がどうこうというよりも、やはり攻守においてチームとしてのバランスや連動性を欠き、逆に連動性で勝負する明学に15分に最終ラインを突破されて先にやられた。1点を追いかける後半冒頭からは平尾と川田の2人を前線に投入して、前半はCFだった窪田をCBに下げて勝負に出たが、チャンスはそれなりに作ったものの、それも前半の窪田を目掛けて放り込んでいた単発な形とさほど変わらずで、2次、3次攻撃になるような厚みや勢いは出なかった。

 80分にMF尾ノ上のDFラインの背後を突くミドルパス1本から途中出場のFW和田が蹴り込み、辛うじて同点に追いついたが、オープンな展開となった終盤の頃にはパワーが残っている途中出場のアタッカーに対し、負担の大きかった守備陣はすでに足がふらついている面々もちらほら。「今日に関してはこの結果で満足」、「リーグ戦は負けないことが大事だし、負けなくてよかった」と山田は勝ち点1を受け入れていた。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    東京プラス 1-1 明治学院
    東京1部 7月5日

  2. 写真ニュース

    明学は先制も逃げ切れず 遠い2勝目
    東京1部 7月5日

  3. 写真ニュース

    東京プラス 後半怒涛の3連発で養和粉砕
    東京1部 6月28日

  4. 写真ニュース

    明学、ロスタイムに痛恨の同点弾献上 逃げ切れず
    東京1部 5月3日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP