東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:先制点を許し悔しげな表情を見せる東京海上の堀田ら。

東京都リーグニュース

東京海上、小松が先発復帰も勝てず 3連敗

写真:先制点を許し悔しげな表情を見せる東京海上の堀田ら。

【東京1部】東京蹴球団 2-0 東京海上

 2連敗中の東京海上はケガからの回復途上にある主将の小松を先発で起用。その効果もあって中央を固める東蹴に対して、小松が左右にボールを散らし、そこからMF堀田や小谷がドリブルで切り込むというサイドに突破口を見いだした。特に左で堀田が対峙するSBを1人かわすと、自然と東蹴のCBの間隔は広がり、ズレが生じて中央ではぽっかり口が空いていた。だが、前半にそのチャンスを仕留め損ねて、「初めから途中で代わることは決まっていた」という小松が63分にピッチを退くと、途端にチームの勢いは色あせた。

 小松が退いたからというより、その後の配置換え。左の堀田をトップ下に据えたが、その影響でサイドからの突破はなくなり、相手の広がっていた口も途端に塞がった。サイドバックを抜き去る前のクロスに対しての東蹴の対応はお手のものといった感じで、堀田も正面に東蹴のCB成田、眞砂に立たれてはプレーが極端に制限された。小松に代わって右ハーフに入った左利きの積田の切り込んでからのシュートの形は、相手も研究済みでゴールを脅かすことはなし。

 攻撃に迷いや焦りが生じているうちに、気がつけば東蹴にペースを持っていかれて2失点。小松は「すべては前半に決定機を決めれなかったことに尽きる」とうなだれた。確かに決定機を決めていれば結果は大きく変わっていただろうが、原因はそれだけではないはず。今回の敗戦を含めて3連敗はいずれも2失点。自らの決めたレールに沿って勝利を追求するあまり、相手を見れずに柔軟性を欠き、引き分けにすら持ち込めない現状もある。

 「自分たちのやっていることに半信半疑になっている選手もいると思う」と小松はいい、「主将として改めてチームの目指すべきところ、次の試合にむけてやるべきことを統一させていかなくてはいけない」と3連敗という苦境に悩ましげだった。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    東蹴、東京海上破る 耐えて後半流れつかむ
    東京1部 7月12日

  2. 写真ニュース

    三菱養和、杉村が2得点 東京海上破る
    東京1部 6月21日

  3. 映像ニュース

    三菱養和 2-1 東京海上
    東京1部 6月21日

  4. 写真ニュース

    東京海上、開幕戦で駒大GIOCOに2-0完勝 中盤の攻防制す
    東京1部 4月5日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP