東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:前半に先制点を決めて駆け出すFLUTTOの矢崎。

東京都リーグニュース

FLUTTO、城北に6-0完勝 セットプレー際立つ

写真:前半に先制点を決めて駆け出すFLUTTOの矢崎。

【東京2部3B】スペリオ城北 0-6 FLUTTO

 前半から球際、フィジカルだけでなく、技術においても城北を上回っていたFLUTTO。何度かあった決定機を決められずに前半を折り返しかけたが、ロスタイム、山崎監督が「非常に大きかった。前半を0で終わるのと1点を奪うのとでは全く違う」という矢崎の右足での先制点。この1点で試合の流れを大きく手繰り寄せた。

 後半は駒澤イズムともいえるセットプレーでのゴールラッシュ。後半冒頭の1点目、2点目はセットプレーのこぼれ球を押し込む形で、ポジショニングの良さ、反応の鋭さ、力強さが際立ち、須藤、三浦が立て続けに押し込んだ。さらに50分には前田のクロスがそのままゴールに入り、59分には再びFKから須藤がヘッドで押し込み、ロスタイムにはCKから菊池がこれまたヘッドで叩き込んで6点目をダメ押した。

 山崎監督は「本当はセットプレーばかりでなく、流れの中からでも得点を取れるのが理想。そのチャンスはあったと思う。ただ、得点を取れるようになってきているし、そこはチームとして階段を登れてきている」と手応えを口にしていた。チームはここまで7試合を消化し、6勝1分けと暫定首位の座をキープ。「ここからの後半戦に向けてもうひとつパワーアップしていきたい」と話した。

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    城北、数的優位生かせずドロー 早々に狂った歯車戻らず
    東京2部 6月14日

  2. 映像ニュース

    Griffin東京 1-1 スペリオ城北
    東京2部 6月14日

  3. 写真ニュース

    FLUTTO、TFSCに競り勝つ 1-0勝利
    東京2部 5月24日

  4. 写真ニュース

    TFSCと城北は1-1ドロー 両者決め手欠く
    東京2部 5月18日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP