東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:後半に追加点を挙げて喜ぶ三菱UFJ銀行。4勝目を挙げた。

東京都リーグニュース

三菱UFJが4勝目 窪西の決勝点で東蹴下す

写真:後半に追加点を挙げて喜ぶ三菱UFJ銀行。4勝目を挙げた。

【東京1部】三菱UFJ銀行 2-1 東京蹴球団

 東京1部の三菱UFJは東京蹴球団を2-1で下し、貴重な4勝目を挙げた。通算成績は4勝5敗。

「直江のラストマッチを勝利で」

 ゲーム内容は決して褒められたものではなかった。それはチームを束ねる直江も「やろうとしたサッカーにはほど遠かった」と認めている。ただ、この試合を最後に仕事の都合でチームを離れる直江のラストマッチを『何としても勝とう』というイレブンの思いはひしひしと伝わってきた。

 先制点は前半終了間際。どしゃ降りのピッチ状況が好転し、東蹴GK笠井がファンブルしたボールを風間がゴールに蹴り入れた。後半は前半同様に防戦と反攻を繰り返して1-0のまま時計の針を進め、残り20分、15分と勝利へ歩を進めていく。だが、残り15分あたりから東蹴はCB成田が前線に顔を出す機会も増え、急速に反撃の『圧』が高まってくる。

 1点を守り切るには心もとない。そんな不安もよぎった80分。交代でピッチに入ったばかりの窪西がチームを勇気づける貴重な追加点を挙げた。

 右サイド深くで起点を作ったFW蓮川が一旦後ろに戻したボールを右SB谷本が速度、角度ともにいいあんばいのクロス。ニアに走り込んだ窪西が頭でとらえると、ボールはきれいな山なりの軌道を描いてゴールに吸い込まれた。「クロスボールが良かったので合わせるだけだった。イメージ通りの軌道で入ってくれた」と窪西。

 その後、アディショナルタイムにセットプレーから東蹴の高野にヘディングを決められて1点差に詰め寄られたものの、全員で1点のリードを守り切って2-1で勝利。窪西は「若いながらもチームを引っ張ってきてくれた直江に対してみんなで恩返しがしたかった。僕のゴールがどうこうというより、みんなで勝利を達成できたことが良かった」と充実感に浸っていた。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    HOSEI FL 4-0 三菱UFJ銀行
    東京1部 8月2日

  2. 写真ニュース

    三菱UFJが2勝目 粘って風間がロスタイムに決勝点
    東京1部 6月22日

  3. 写真ニュース

    東蹴、東京海上破る 耐えて後半流れつかむ
    東京1部 7月12日

  4. 写真ニュース

    N.は東蹴に2-1で勝利 5勝目
    東京1部 7月5日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP