東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:ドリブル突破を図るエリースのFW元木。

東京都リーグニュース

エリース、東蹴のブロック破れず 0-0ドロー

写真:ドリブル突破を図るエリースのFW元木。

【東京1部】東京蹴球団 0-0 エリース東京

 開幕から無敗の行進を続けるエリースだが、東蹴のブロックを最後まで崩せず0-0で引き分けた。CB近藤いわく首位に立ったあたりから相手チームの戦い方にも変化があったという。「今までだったら相手が前に出てきて、その裏を取れたが、引いて守ってくるチームが相手だと、今の自分たちの力では崩しきれない。裏を取れない」。この日の東蹴はまさに引いて守りを固めてきた。

 FW小牟田がDFの背後に流れて起点を作ろうとしたが、そのスペースは少なく、攻撃の形がいつものように築けない。相手のブロックの前で横にボールを動かす頻度が多く、急所を突くような縦パス、攻撃のスイッチはなかなか入らずで、相手を前におびき出す意味でもMF音田が遠目からミドルを打ったりもしたが、それも枠を外れて相手の守備にはさほど影響を与えらなかった。

 後半も淡々とボールを動かしながらゴールへの糸口を探り、途中からはMF唯井の突破力、FW福田のパワーらをピッチに注入して変化をつけようとしたが、決定機と呼べるシーンはそれほど作れず。76分のFW元木の左足のシュートはGKの指先に触れてポストを叩き、終盤に唯井のグラウンダーのクロスに元木が合わせたシュートはバーの上へ外れていった。

 結局、終始ゲームは支配していたもののスコアレスドロー。イレブンは苦い表情でピッチを去った。近藤は「今までがうまく行き過ぎていた。今後は引いた相手でも打ち崩せる力、たくましさもつけていなくてはいけない。そこが課題、次の目標になる」と悔しそうだった。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    エリース、隙なく養和に3-0快勝
    東京1部 8月9日

  2. 映像ニュース

    三菱養和 0-3 エリース東京
    東京1部 8月9日

  3. 写真ニュース

    東蹴、東京海上破る 耐えて後半流れつかむ
    東京1部 7月12日

  4. 映像ニュース

    東京蹴球団 2-0 東京海上
    東京1部 7月12日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP