東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

全国社会人サッカー選手権大会ニュース

全国社会人大会は2年連続で中止

 全国社会人サッカー連盟は11日、10月に栃木県で開催される予定だった全国社会人サッカー選手権大会の中止を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が理由で、大会が中止となるのは2年連続。東京からは東京ユナイテッド、Criacao Shinjuku、東京23FC(いずれも関東1部)の出場が決まっていた。

 8月には国民体育大会(9月/三重県開催)の中止が決まり、また、エリース東京O35の出場が決まっていた日本スポーツマスターズ(9月/岡山県開催)も2年連続で中止になるなど、長引くコロナの影響により、全国規模の大会中止が相次いでいる。

中止の発表 全国地域CLへの参加資格も変更
全国社会人サッカー選手権大会中止決定のお知らせ
日本サッカー協会(9月11日)

PR

PR

関連記事

  1. ニュース

    東京U、Criacao、東京23が全国大会へ
    全社予選 6月20日

  2. 写真ニュース

    エリースが2年連続で全国大会へ 35歳以上/日本マスターズ関東予選
    マスターズ 3月8日

  3. 写真ニュース

    東京、茨城に0-1で敗れて初戦敗退
    国体予選 8月21日

  4. 写真ニュース

    東京選抜、福田監督「仕組み作りが必要」総括
    国体成年 9月1日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP