東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:Intel Biloba Tokyoの多淵監督。

東京都リーグニュース

Biloba最終戦ドローで今季終了 多淵監督一問一答

写真:Intel Biloba Tokyoの多淵監督。

 東京1部昇格1年目のIntel Biloba Tokyoは17日のリーグ最終戦をN.と3-3で引き分け、今季のリーグ戦を終了した。通算成績は4勝4分け8敗だった。チームを率いる多淵監督は「できれば勝って終わりたかったが、勝ち点3を1にしてしまうのが、われわれの今の現状であり今の順位」、「わずかな差で勝敗が分かれる厳しいリーグと感じた」などと、今季の戦いを振り返った。多淵監督との主な一問一答は以下の通り。

──リーグ最終戦を3-3の引き分けで終えた。どんな感想か。

「相手にボールを持たれる展開で苦しかったが、そこはある程度予想していた通りだったし、我慢強くということを選手、スタッフとも共通認識として戦えた。できれば勝って終わりたかったが、勝ち点3を1にしてしまうのが、われわれの今の現状であり今の順位。逆に相手は勝ち点0を1にした。そういったところが相手との順位の差。われわれも来年はもっと勝負強くなるためにやっていかなくてはいけないという話を最後のミーティングでした」

──改めて、初の1部リーグを戦い終えての感想は。

「試合の強度はもちろんだが、試合数自体が多かったので、マネージメントの部分で難しかった。3週間くらい連続で試合があると、どうしても試合に絡めない選手はその期間ずっとストレスを抱えることになる。そういった選手たちのモチベーションコントロールが難しい。シーズン中はベンチ外の選手が出るくらい集まることもあったが、今日は17人くらいしか集まれなかった。社会人サッカーなので、みんな試合に出たいし、試合に出られないなら他のことを優先してしまうのは仕方がない。いかにうちのクラブでサッカーをやることに価値を感じられるか、そういったことを伝えていかないと、最終的にチーム力というのは上がっていかない。そこは課題であり、来年につなげていきたい」

──試合の中身に関しての1部リーグにおける感想は。

「学生はもちろんだが、社会人チームにしても非常によくトレーニングされているチームが多いと感じた。今日もあと少しというところで、決め切る、勝ち切るチャンスはあった。でも最後は自力の差がピッチに出て追いつかれてしまった。やはり止める、蹴るといった基本的な技術、そういったわずかな差で勝敗が分かれる厳しいリーグだなと感じた」

──チームとして今季成長を感じたところは。

「我慢強く戦えるようになった。先週までの3試合くらいは降格もなくなり、モチベーション的に宙ぶらりんみたいな状態で簡単に失点してしまう試合もあったが、今日のようにリーグ最終戦ということでモチベーションをしっかり作って戦えば、我慢強く戦えるし、学生相手でも優位な時間を作ってリードすることもできた。そういった成長、発見はあった」

──逆に試合における課題は。

「今日もそうだが、プランAがうまくいかなかった時に、プランB、プランCというのをある程度想定してゲームにはいらないと、途中でバタついてしまう。チームとしてやるべきサッカー自体は固まってきたが、じゃあ、それがうまくいかなくなったり、相手に対応されてしまった時にどうするのか。そのあたりを前半の45分であったり、90分の中でピッチ内で修正できる『修正力』を身につけていかなくてはいけない。それができればもう少し結果も変わってくるのかなと思う」

──来年に向けての目標は。

「来季はチーム数も増える分、おそらく降格数も増えると思う。その中で残留はもちろん、もう少し上を目指していきたい。今季戦ってみての選手たちの率直な感想は、そこまで個人の能力に差はないと感じている。じゃあ、どこに差があるかというとチーム力になる。先程言ったように、いかに勝ち点0を1にできるか、1を3にするか。チームでどれだけ積み上げていけるかということ。それができれば関東大会も目指せる順位には行けると思う。来季1部2年目として新しい経験もしてみたいし、できれば関東大会出場というところを目標にしたい。うちのような母体がないサッカー好きの集団が1部で戦っていくには、やはりサッカーが好きということでしか活躍できないし、いかにそこを軸に発信していくか、仲間を増やしていけるかだと思う」

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    Intel Biloba 3-3 FC N.
    東京1部 10月18日

  2. 写真ニュース

    Bilobaはセルべに4発快勝 3勝目
    東京1部 5月31日

  3. 写真ニュース

    Biloba前節の大敗教訓 チーム一丸で23江戸川破る
    東京1部 5月17日

  4. コラム

    社会人の「矜持」。Intel Biloba Tokyoの挑戦 - 01
    後藤 勝

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP