東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:懸命にロングボールを跳ね返すCB近藤。

関東社会人サッカー大会ニュース一覧

エリース、攻撃陣不発も堅守健在

写真:懸命にロングボールを跳ね返すCB近藤。

【関東大会準々決勝】韮崎 0-0(PK3-4)エリース

 手に汗握る接戦をエリースが最後にPKで制し、2年ぶりのベスト4入りを果たした。前半予想以上に韮崎アストロスのテンポ、サイド攻撃が早くて檜山監督も驚いたという。サイドで一旦起点を作られると、そこからSBが裏を追い越したり、ワンツーで中に切り込んだりと、数的優位を作りながら連係で崩しにくる相手にヒヤリとする場面は1度や2度ではなかった。一方のエリースは連戦の疲れもあってか、攻撃の起点を見つけられぬまま。特に初戦で攻撃の起点となっていた左の滝沢は存在感が希薄だった。

 ただ、そんな中でも最終ラインの守備の堅さは健在。前日は不在だった主将のCB近藤がこの日は戦列に戻ると、外はやられても最後のゴール前の中央でしぶとく踏ん張った。GK大畑も「オウンゴールになりかけたシーン以外は、それほどやられる感じはなかった」と頼もしかった。

 0-0で後半を迎えると、次第に相手の足が鈍り出して、サイドの駆け上がりも停滞。ようやく前半は消えていたサイドハーフの滝沢もドリブルで仕掛けられるようになり、相手の守備網にギャップを生み出せるようになった。

 それでも音田や千葉のミドルがビシッと決まらず。なんとか90分でケリをつけようと、残り10分ほどは引いた相手に次々とゴール前にボールを放り込む力押しに出たが、結局1点を奪えぬままスコアレスでPK戦へ突入。そのPK戦、GK大畑が1本目を止めると、キッカーは川畑、唯井、上野、音田が4人連続で成功。相手の5人目を再び大畑が止めて、4-3で競り勝った。

檜山監督コメント
「残り15分くらいで決定機もあったし、できれば90分で勝負を決めたかった。ただ、PK戦は選手たちも自信を持っていたし、安心して見ていられた。この2試合は内容が悪いなりにも結果を残せたので、そこは次につながる。選手たちも危機感を持って2週間後の準決勝に向けて取り組んでくれると思う」

大会日程・結果/トーナメント表

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    エリースがベスト4入り PK戦で勝利
    関東大会 11月7日

  2. 映像ニュース

    エリース 3-0 越谷FC
    関東大会 11月6日

  3. 写真ニュース

    エリース、一瞬で流れつかみ3点快勝 準々決勝へ
    関東大会 11月6日

  4. 写真ニュース

    関東大会開幕 エリースが勝利 プラス、N.は敗退
    関東大会 11月6日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP