東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:終了間際に同点ゴールを決める青山のMF京谷。

東京都リーグニュース

青山は薄氷ドロー 後半ロスタイムに失点、同点

写真:終了間際に同点ゴールを決める青山のMF京谷。

【東京2部2B】COAST 1-1 FC青山

優勝の行方は最終戦に持ち越し

 この試合に勝てば優勝を争うINAHOとの最終戦を前に、ブロック優勝・1部昇格(復帰)が決まるFC青山だったがCOASTと1-1のドロー。優勝の行方は最終戦に持ち越しとなった。

 前半は”今日で優勝を決める”という気迫と共にCOASTを押し込んだ。中盤の矢部を経由しながら両サイドバックが攻撃参加して高い位置でボールを受け、右から左からゴール前にクロス。だが、中央に駆け込む高澤、武富らとうまく合わずにゴールネットは揺れぬまま。

 スコアレスで迎えた後半は途中から入った忰山がドリブルで攻撃に変化を付けたり、高澤が果敢に仕掛けてシュートに持ち込むものの、COAST・GK畠山の反応の鋭さもあって1点が遠いまま。加えて後半は押されながらも無失点を続けるCOASTが、徐々に青山の攻め疲れをカウンターで狙ってゴールに迫り、どちらが1点を奪ってもおかしくない流れに。

 結局、両者無得点のまま80分を過ぎ、このまま引き分けで終わるかと思われたロスタイム3分。COASTが青山の一瞬のスキを突いた。ペナルティエリア手前から引間がミドルシュートをゴール右上に蹴り込み土壇場で先制。だが、サヨナラ勝ちのような喜びもつかの間、直後に青山がまさかの同点ゴール。左からのFKをゴール前に放り込むと、混戦を通過した先に足を伸ばした京谷がボールを押し込み1-1でタイムアップ。

 負けていれば優勝争いは警視庁も加わる3チームでの戦いになったが、辛うじて引き分けたことでINAHOとの一騎打ちに。青山は最終戦でそのINAHOと戦い、引き分け以上で優勝。敗れた場合は、INAHOの最終戦の結果待ちとなる。

PhotoGallery PhotoGallery

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

  1. ニュース

    慶應は暫定首位で終了 青山は優勝持ち越し
    東京2部 11月22日

  2. ニュース

    東京2部大詰め 青山、ZIONが優勝王手
    東京2部 11月15日

  3. 写真ニュース

    ZION、優勝王手 間一髪勝ち点3
    東京2部 11月15日

  4. 写真ニュース

    TUA、プログレッソに3点快勝 残り5試合
    東京2部 11月1日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP