東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:東京2部3ブロックで優勝を飾ったZION。

東京都リーグニュース

ZION林代表「優勝は一戦一戦頑張った結果」

写真:東京2部3ブロックで優勝を飾ったZION。林代表は左端。

 東京2部3ブロックで優勝を飾ったZION。クラブの林代表は「選手、スタッフが一試合、一試合を頑張った結果だと思う」と今季の戦いを振り返り、3年ぶりに復帰となる1部リーグに向けては「できるだけ上の順位を目指すが、現実的には残留が目標になる」と語った。林代表との主な一問一答は以下の通り。

──今季リーグ戦を優勝で終えた。

「今年のZIONは決して見ていて面白いサッカーをしていたわけではなかったが、一戦一戦、勝利を目指して戦っていく中でチームとして上積みができた。それが結果的に優勝につながった。選手、スタッフが一試合、一試合を頑張った結果だと思う」

──内容よりも結果重視のサッカーになったのは、メンバー的な理由からか。

「うちはユン・ヨンスンというストライカーがいて、今季は彼を生かすサッカーをみんなで作り上げてきた。しっかりと守備から入って、彼にボールをつなげるサッカーを徹底した」

──今季はそのサッカーがはまった。

「ヨンスンのマークが厳しくても、その分、まわりの選手がフリーになる。そして、さらにもう一度ヨンスンにボールが戻ってくるというシーンがたくさんあった。結果的にはその戦い方がはまったのだと思う」

──これで1部復帰となるが、前回1年で降格となった原因はどう見ているか。

「当時の選手たちもすごく頑張ってくれた。ただ、当時は個に頼るサッカーになってしまっていて、はまる時とはまらない時があった。結局、東京1部のようなレベルでは個だけで戦うのは厳しくて、チームとしてまとまりのあるチームが強い。ベンチメンバー含めてみんなで戦えるチームにしていかなくてはいけない」

──東京1部で戦うにあたり、現状のZIONのレベルをどう見ているか。

「今のままでは全然厳しい。残ってくれる選手のレベルアップもそうだし、当然、補強もしていかなくてはいけない」

──選手たちに求めるのものは。

「東京1部で戦うには気持ちと運動量が必要。もちろん技術的なところも必要になるが、1部を見ていて思うのはメンタルと運動量が非常に大切になる。もう一度、個人としてもチームとしても取り組み方を見直して、1部の戦い方に合わせていかなくてはいけない」

──改めて1部への意気込みは。

「できるだけ上の順位を目指すが、まずは1年で降格しないように、現実的には残留が目標になると思う」

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    ZIONが2部3ブロック優勝 3年ぶり1部復帰
    東京2部 11月29日

  2. 写真ニュース

    FW尹英勝、最後は2ゴール締め
    東京2部 11月29日

  3. 写真ニュース

    ZION、優勝王手 間一髪勝ち点3
    東京2部 11月15日

  4. 写真ニュース

    最後にFW尹英勝 劇的決勝点
    東京2部 11月15日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP