東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:先制ゴールを決めて駆け出すFW窪田。

東京都リーグニュース

東京プラス、大学生に完封勝ち 窪田が2ゴール

写真:先制ゴールを決めて駆け出すFW窪田。

【東京1部-A】東京Uプラス 2-0 TUA

 3年連続関東大会出場を目指す東京プラスは、初昇格の大学生チーム・TUAを2-0で退け、上々のスタートを切った。

 意外にも前半は運動量を高めて前からボールを奪いに出たのが東京プラス。プレスをかける位置とタイミングが絶妙で、雨で濡れたスリッピーなピッチの上でボールを走らせようとするTUAのミスを誘発して、マイボールに変えた。

 一転、自らがボールを持つと今度は奪い返そうとする相手を巧みにワンタッチ、ツータッチでいなす技術を見せ、19分にはFW窪田が左足のボレーをねじ込んで先制点。42分にはDFの背後を狙ったロングボールに窪田がDFをかき分けて突進していき、相手GKからPKを引き出すと、それを自らが決めて追加点を奪った。

 2点リードの後半は2段ほどギアを落としたことで、学生の反撃をモロに浴びる羽目になったが、それでも失点はせず。途中からは平尾や川田らを投入してスピーディーな一進一退にゲームの展開を変えていき、追加点こそ奪えなかったが、相手に得点も与えぬままタイムアップを迎えた。

 2得点の活躍を見せた2年目のFW窪田は「去年が引き分けスタートだったので、今年は初戦を勝ててよかった。開幕前は社会人のコンディション調整の難しさを感じていたが、今日は思ったよりも動けた。ここから更に上げていきたい」と話した。

PhotoGallery PhotoGallery PhotoGallery PhotoGallery

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP