東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:担架で運ばれてピッチを去る東京海上の小松。

東京都リーグニュース

主将小松は無念の負傷退場

写真:担架で運ばれてピッチを去る東京海上の小松。

 東京海上の小松に突然のアクシデントが襲ったのは前半終了間際。相手と接触するわけでもなく、中盤のバウンドボールを収めようと右足を伸ばしたあとに踏ん張りがきかず、鈍い音を発したあとにピッチに崩れ落ちた。主審もすぐにプレーを一旦中断して担架を呼び、そのまま運ばれて無念の退場となった。

東京海上、開幕白星で再スタート

 村上監督によると「痛めていた膝。一昨年痛めて手術をして、去年は負担を掛けながらも少しずつ治してきて、今日までは本当に順調だった」という。さらに今季は「自分が主将としてもう一度引っ張っていく」と強い覚悟を持って臨んでいたそうで、それだけに「本人が一番悔しいと思う」と監督もやりきれない様子だった。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    MF中畝が決勝点「持ち味出せた」
    東京1部 4月11日

  2. 写真ニュース

    東京海上、開幕白星で再スタート
    東京1部 4月11日

  3. 写真ニュース

    アローレ、N.、早大など開幕2連勝
    東京1部 4月10日

  4. 写真ニュース

    東京1部開幕 東京プラス、N.など白星
    東京1部 3月27日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP