東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:後半にゴールを許して悔しい表情を見せるFW小牟田。

関東リーグニュース

エリース、桐蔭横浜大に敗れて2敗目 開幕3戦未勝利

写真:後半にゴールを許して悔しい表情を見せるFW小牟田。

 今季から関東2部への昇格(4年ぶりの復帰)を果たしたエリース東京は17日、千葉県・ZOZOPARKで関東1部から降格となった桐蔭横浜大学FCと前期3節を戦い、後半に決勝点を奪われ0-1で敗れた。エリースは開幕から3試合勝利がなく、通算成績は1分け2敗。

好機逃し、後半の一発に沈む

 決めるときに決めておかないと、というような典型的なパターンだった。前半のエリースはDF陣の力強い跳ね返し、中盤のボール奪取、そこからFW小牟田のポストプレーを経由して前へ出て、大学生をどんどん後退させた。ピンチらしいピンチもほとんどなく、檜山監督も「この3試合を通して、今日は非常に良いゲーム運びができていた」と。 

 だからこそ前半のエリア内からのシュートチャンスを決めたかったが、岩田、小牟田、保﨑も決められなかった。そうこうしていると案の定、70分に敵陣からFKをポーンと前線中央に放り込まれ、エリア手前にこぼれたボールをミドルシュートで一直線に蹴り込まれた。

GK大畑「一瞬反応が遅れた」右手届かず

 追い詰められた終盤は2m超えの長身FW畑中をゴール前に送り込んで右から、左から再三クロスを放り込む力押し。だが、未勝利チームの余裕のなさか、精度を欠いてヒットせず。結局、最後までゴールは奪えずタイムアップを迎えた。

 檜山監督は「内容が良くても勝てない、負のスパイラルというのはよくあること。チームの雰囲気が悪くならないように、やるべきことを冷静にやっていくしかない」と必至に前を向いていた。

KSL順位表

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    GK大畑「一瞬反応が遅れた」右手届かず
    関東リーグ 4月18日

  2. 映像ニュース

    エリース 0-1 桐蔭横浜大
    関東リーグ 4月18日

  3. 写真ニュース

    エリース関東復帰 入替戦でさいたまに4-0勝利
    関東入替戦 12月25日

  4. 写真ニュース

    エリース、入れ替え戦で4発快勝
    関東入替戦 12月26日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP